体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

おかゆ、自然食から焼肉まで……京都は今“朝食”が熱い! 京都に行ったら絶品モーニングを食べよう!

数ある日本の観光地の中でも特に人気の高い街・京都。歴史を感じられる建造物や街並み、本格的な和食など、日本の魅力が凝縮された街になっていて、日本人だけでなく世界中から観光客が訪れる街として知られています。

京都に朝食ブームが来ているらしい

さて、現在京都では朝食がブームになりつつあることをご存知でしょうか。今まで京都に観光に来る人はホテルや旅館で朝食をとり、昼食と夕食で京都の料理を楽しむというパターンが多かったそう。

ところが最近になって、ホテルで優雅に朝食をとるのもいいけど、せっかく京都に来ているなら三食とも京都の料理を食べないともったいないと考える人が増え、朝の時間帯から営業する飲食店も増え始めているのです。

それも喫茶店やカフェが朝から営業するというのならわかりますが、なんと本格的な焼肉屋までもが朝食展開を始めているとのこと。日本中どこを探しても朝から営業している焼肉屋なんてそうは見つからないのでは……?

そこで今回は京都まで足を運び、フードコラムニストの門上武司氏が特に注目しているというお店で実際に朝食をいただいてきました。

餃子専門店の中華がゆ “GYOZA8”

まず最初に訪問したのは“GYOZA8”という餃子専門店。横浜中華街で育ったオーナーが京都で中華料理店を20年以上経営し、次の展開として昨年12月にオープンしたばかりのお店なのですが、平日でも行列ができるほどの大にぎわい。オーソドックスな具材を使った餃子はもちろん、『みかん餃子』や『ガリ餃子』などの変わり種を常時入れ替えながら販売しています。

そんな“GYOZA8”で提供しているのが本格的な中華がゆのセット(780円)。京都では現在おかゆも注目を集めているのですが、和風のおかゆではなく、オーナーが幼少期に中華街で食べてきた“香港風”のおかゆを始めようということで作られたメニューなのです。

おかゆはドロッと粘り気がありますが、まるでスープのような感覚でいただけます。鶏、豚、貝柱のダシが味わい深く、ごま油が絶妙なアクセントとなった優しい味で、口に含んだ瞬間に全身に染み渡り、体全体が喜んでいるような感覚を味わえました。おかゆってこんなに美味しかったんだ……!

おかゆの中にはプリプリのエビも。こちらはお好みでホタテに変更することも可能です。ホタテもまた旨味が出て美味しそうですね……!

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。