体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サッカーW杯のトロフィーが日本に到着 東京・大阪・静岡の3都市で一般公開されるぞ!

dsc_0277

4月27日(金)、サッカーワールドカップのオリジナルトロフィーが日本にやって来ました。50か国以上を巡る『コカ・コーラ FIFA ワールドカップ トロフィーツアー』の最終訪問国として、28日(土)~30日(月・祝)の期間、東京・大阪・静岡の各会場でトロフィーが一般公開されます。

dsc_0273

トロフィーを乗せたチャーター機の到着した羽田空港ではセレモニーが開催され、日本サッカー協会の田嶋幸三会長やFIFAワールドカップのオフィシャルパートナーを務める日本コカ・コーラのホルヘ・ガルドュニョ社長らが登壇。報道陣にトロフィーをお披露目しました。

dsc_0115

国際サッカー連盟(FIFA)のファトマ・サムラ事務総長は、「スポーツ界において、FIFAワールドカップのトロフィーほど象徴的なものはありません。これを手にすることが、どれだけの誇りや輝きを持っていることか、世界中の人々が知っています。このトロフィーは年齢やジェンダー、民族、社会的立場にかかわらず、世界中のサッカーファンなら誰もが持っている情熱を表現しているのです」と、その存在の意義深さを述べました。

日本サッカー協会の田嶋会長が「我々にとっての夢、目標であります」と語ったトロフィーは、ワールドカップ優勝国のチームとその国の国家元首のみが直接触ることを許されています。

dsc_0157

元サッカー日本代表監督の岡田武史氏は、「せっかく目の前にあるのに、(トロフィーに触れない)残念な思い、悔しい思い……私が生きている間に日本人がトロフィーに直接触れる日が来ることを祈っています」と期待を口にしました。

dsc_0231

セレモニーの場で唯一トロフィーに触れることができたのが、元サッカーブラジル代表で、2002年日韓ワールドカップの優勝メンバーの一人、ジウベウト・シウバ氏。高々とトロフィーを掲げると報道陣から一斉にフラッシュがたかれ、「初めて日本に訪れた時の素晴らしい記憶が新鮮に呼び起こされます」と当時を振り返りました。

ワールドカップの決勝戦が行われる7月15日、世界最高のナショナルチームとしてトロフィーを手にするのはどの国となるのでしょうか。

なお、トロフィーツアー4月28日(土)開催の東京会場と29日(日)開催の大阪会場は、事前のキャンペーンに当選した人のみトロフィーを間近で見ることが可能。30日(月・祝)の静岡会場では誰でも無料で参加できる他、元サッカー日本代表の中山雅史氏や女性ボーカルグループLittle Glee Monsterのイベント出演が決定。元プロサッカー選手と地元学生とのエキシビジョンマッチなども行われる予定です。

『コカ・コーラ FIFA ワールドカップ トロフィーツアー』概要

<日程>
東京/2018年4月28日(土)午前10時~午後6時
大阪/2018年4月29日(日)午前11時~午後7時
静岡/2018年4月30日(月・祝)午後1時~午後5時(予定)

<会場>
東京/日本コカ・コーラ株式会社(本社ビル 東京都渋谷区渋谷 4-6-3)
大阪/ハービス HALL(大阪市北区梅田 2-5-25 ハービス OSAKA B2F)
静岡/清水ナショナルトレーニングセンター(J-STEP)(静岡市清水区山切 1487-1)

※東京・大阪会場の一般公開イベントは、スマートフォンアプリ『Coke ON』のキャンペーンで当選した各3000組、合計1万2000名の一般来場者が、FIFA ワールドカップ オリジナルトロフィーを間近に見ることができます。

<静岡会場イベント詳細>
https://www.cocacola.jp/trophy2018/event/index.html

<到着セレモニー登壇者>
日本コカ・コーラ株式会社 代表取締役社長 ホルヘ・ガルドゥニョ
国際サッカー連盟 事務総長 ファトマ・サムラ
元サッカーブラジル代表 ジウベルト・シウバ
公益財団法人日本サッカー協会 会長 田嶋幸三
FC今治オーナー 岡田武史
駐日ロシア連邦大使 ミハイル・ユリエビッチ・ガルージン
2018 FIFA ワールドカップ ホストシティ アンバサダー ヴィクトリア・ロペリョーヴァ

エンタメ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。