体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【緊急事態】テレビ番組のスポンサーがブチギレ激怒 / スポンサーが降りる事態「視聴者やスポンサーをバカにしている」キズナアイ炎上

kizunaai1

とんでもないトラブルが発生した。テレビ番組のスポンサーが番組内容にブチギレ激怒。社長が不快感を露にし、テレビ番組のスポンサーを降りることをTwitterで発表したのである。

・キズナアイが進行役の次世代テレビ番組
物議をかもしているのは、人気テレビ番組「キズナアイのBEATスクランブル」。これは日本テレビの番組で、バーチャルユーチューバーのキズナアイが進行役の次世代テレビ番組だ。

・スポンサーをバカにしている
そのスポンサーとして株式会社グリモアが存在していたが、代表取締役社長の神谷友輔さんが番組に対してブチギレ激怒。「番組が視聴者やユーザー、スポンサーをバカにしていると感じた」として、スポンサーを降りることを発表した。以下が神谷友輔さんがTwitterで発表したコメントである。

kizunaai

・神谷友輔さんのコメント
「弊社がスポンサーをやっていたキズナアイのBS日テレの番組「キズナアイのBEATスクランブル」のスポンサーを4月で降りました。理由は、この番組が視聴者やユーザー、スポンサーをバカにしていると感じたから。これ以上応援できない。正直、キズナアイ側がどう考えてるのか聞きたい」

「魔剣使いの皆様には本当に申し訳ないと思っています。みんなが私たちに期待して課金してくれたお金をうまく使えませんでした。全て社長である私の責任です。広告業界やTV局からすれば大した額ではないけれど、魔剣使いひとりひとりにしてみれば大事なお金だったのに…。本当にごめんなさい」

「ブレイブソード×ブレイズソウルはBS日テレの番組「キズナアイのBEATスクランブル」をこれ以上応援できませんが、Vtuberやネット発のコンテンツが様々なことに挑戦していくこと自体は出来うる範囲で応援していきたいと思っています」

弊社がスポンサーをやっていたキズナアイのBS日テレの番組「キズナアイのBEATスクランブル」のスポンサーを4月で降りました。
理由は、この番組が視聴者やユーザー、スポンサーをバカにしていると感じたから。これ以上応援できない。
正直、キズナアイ側がどう考えてるのか聞きたい。 #キズナアイ

— ラルルPおよび神谷友輔くん@グリモア (@youthk) 2018年4月24日

魔剣使いの皆様には本当に申し訳ないと思っています。
みんなが私たちに期待して課金してくれたお金をうまく使えませんでした。全て社長である私の責任です。
広告業界やTV局からすれば大した額ではないけれど、魔剣使いひとりひとりにしてみれば大事なお金だったのに…。本当にごめんなさい。

— ラルルPおよび神谷友輔くん@グリモア (@youthk) 2018年4月24日

ブレイブソード×ブレイズソウルはBS日テレの番組「キズナアイのBEATスクランブル」をこれ以上応援できませんが、Vtuberやネット発のコンテンツが様々なことに挑戦していくこと自体は出来うる範囲で応援していきたいと思っています。

— ラルルPおよび神谷友輔くん@グリモア (@youthk) 2018年4月24日

・詳細は語られておらず不明なまま
株式会社グリモア代表取締役社長の神谷友輔さんは、番組に対してかなり不快に感じたようだ。しかしながら、どうして不快に感じたのか、どうしてスポンサーを降りるほどの事態に発展しているのか、その詳細は語られておらず不明なまま。

・この先生きのこることはできるのか?
一部の人たちからはスポンサーを降板した理由を教えてほしいとの声が上がっており、さまざまな理由で物議をかもしている。今後BS日テレの番組「キズナアイのBEATスクランブル」はどうなるのか? この先生きのこることはできるのか? 大きな注目が集まっている。

もっと詳しく読む: テレビ番組のスポンサーがブチギレ激怒 / スポンサーが降りる事態に発展(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/04/24/kizunaai-beat-end/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。