体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【召喚連載】メガテン大司教・鈴木一也の邪教の館 / 第1回 悪魔 レオナルド 召喚

megaten-suzuki

ゲームクリエイター鈴木一也氏といえば、代表作として「女神転生」シリーズや「真・女神転生シリーズ、そして「モンスターメーカー」シリーズなどの名作を世に送り出した偉大な人物だ。このコーナーでは、そんな鈴木一也が、悪魔の大司教として悪魔や天使を召還し、あらゆる事象に対して言及する前代未聞の場である。

ちなみに鈴木一也氏は、「女神転生」から始まったゲームシリーズの世界観やシステム、そしてあの名言「コンゴトモヨロシク」を創り出した人物であり、ゲーム業界やファンにおいてカリスマ的存在でもある。

suzukiimage

鈴木大司教「サモン レオナルド!」

大司教「我は汝を召喚す、生まれ無き者よ! ……アオス! アバオス! バスム! イサク! サバオス! イアオ! 汝、迅く来たりて我が前に従え! 古の森の王、黒き貴人、サバトの主レオナルドよ!」
レオナルド「わしを呼ばわるはお主か……最後の足場に生まれし人の子よ」

megaten-suzuki2

大司教「良くぞ我が求めに応え来た。魔女の王レオナルド」
レオナルド「して、わしに何を求めるのだ? 女か? 金か? 名声か?」
大司教「そんなものは求めぬよ。まあ、まずは茶でもいかがか? シッキムで採れた茶葉を用意した」
レオナルド「……馳走になろう……むう、これは色鮮やかにして香り高き一杯」
大司教「気に入ってもらえて何よりだ。此度汝を召喚したのは外でもない、サバトの主からの祝福を貰えないかと思ってな」
レオナルド「して、何を祝福せんと……いや、言うな、当ててやろう! ずばり仕事であろう? どうだ? しかも2つある。この欲張りめが」
大司教「さすが魔女の王、この程度はお見通しというわけか」

・まるっとお見通しだデビルアイ!
レオナルド「まずひとつ目だが……この場だな?」
大司教「そうだ。今回から「メガテン大司教・鈴木一也の邪教の館」と称して、さまざまな悪魔を召喚し、言霊(ことだま)をいただこうと思っているのだ」
レオナルド「ほほお、わしをその第一に呼んだは良き見識ぞ。わしは気前の良い悪魔、求める者には惜しみなく与えよう。相応の対価と引き換えにだがな」
大司教「今出せるのはお茶とケーキだけだよ」
レオナルド「ハハハハ……ではそれ相応の祝福を与えよう。
 では2つ目だ。お主はクラウド・ファンディングなるものを始めたな? ふむ……それには古き盟友が絡んでおるようだ」
大司教「それは増子司(ますこつかさ)だ。彼は「女神転生」シリーズの音楽とSEを手がけた凄腕のサウンドクリエイターだよ。あの迷宮の中で彼の音の虜になった者は何万人もいるだろう。その後も多くの音の仕事をこなしている」
レオナルド「ふん、ギフトを与えられし者か……わしの祝福など要らぬではないか?」
大司教「そう言わずによろしく頼む」
レオナルド「そして仕事をする絵師は……ほお、面白い。この者闇を描く者か……名は……真名(まな)ではないな」
大司教「アオガチョウ、と名乗っている」
レオナルド「ふん、アオガチョウ、覚えておこう。しかしなかなかの美女ではないか? なるほど女は間に合っているということか?」
大司教「誤解するな。彼女はあくまで仕事上のパートナーだ。そして彼女はライブ・ペイントのイベント「LIMITSデジタルアートバトル」の初代チャンピオンでもあるのだぞ。クィーンと言ったほうがふさわしいかも知れぬがな」
レオナルド「ほほお、短時間で絵を描いて競うのか。それもまた一興」
大司教「今まさに第2回、優勝賞金500万円を懸けて戦おうとしているところだ」
レオナルド「それには手を貸さぬぞ」
大司教「もちろん、公正に戦われるべきだからな。
 さて、このプロジェクトのプロデューサーは「真・女神転生IMAGINE」のプロデューサー、小林正和だ。さらに宣伝と制作には業界のレジェンド、ブンサダカが加わっているのだ」
レオナルド「して……そのプロジェクトとは……いやまて、わしには見えるぞ。これか、「十三月のふたり姫」だな? しかし、これは何だ?」

1 2次のページ
バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。