体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

騙される被害者が急増中!“在宅ワーク詐欺”に引っかかるな!

どうもどうも、特殊犯罪アナリスト&裏社会ライターの丸野裕行でっす!

ライター業と求人広告のライティングをやっている私の元には、多くの求人案件の依頼があります。
様々な大手サイトとかですね、定期的にお手本になるような面白い原稿がないかなぁ……とちらほらチェックしているんですが、最近増えてますね~、在宅ワークの仕事が……。

昔でいえば、子育て中の主婦の方なんかがやる“内職”なんですが、このお仕事、詐欺が多いのも事実。
今回は気を付けなければいけない“在宅ワーク詐欺”について、警鐘を鳴らしたいと思います!

お給料プラスαがミソ

売り手市場になっている求人広告の世界では、無料の求人媒体も登場しました。広告主も情報が多いので助かる、探す側も非常にありがたいことだと思うのですが、大手の求人広告では、一定の審査基準を設けています。その基準がない求人媒体では、一般的な求人広告の掲載基準を満たしていない悪質なクライアントも存在します。

家事や育児に追われる主婦の方は、特に注意しなければいけないのは、在宅でもできる、稼げるという甘い言葉の誘い文句です。

【主婦にピッタリ! 1日3~4時間の在宅ワークで、毎月3万円~最大10万円まで稼げます! 今月ちょっと足りないな……を脱出しましょう!】

ガッツリ稼げるというよりも、「旦那さんのお給料に“プラスα”で稼げますよ」という方が実は逆に怪しかったりするんですね。バブルが崩壊し、リーマンショックを経た日本経済の中で揉まれた子育て世代は、“ボチボチ安定”というのが一番しっくりくる願望なんですよね。「高望みは敵」とばかりに、このような求人に申し込んだが最後、様々なトラップが待っています。

多種多様な在宅ワーク

すべての在宅ワークの業者や会社が詐欺とは決して言いませんが、そういった業者の被害に遭っている方が非常に増えているということです。

今も人気の在宅ワークは、
・テープリライト(テープ起こし)
・宛名書き
・セル画塗り絵
・チラシ配り
・ライティング(ブログ、ニュースサイト執筆)
・動画作成
などなど

在宅ワーク詐欺というのは、まずお仕事をするためには初期費用がかかるという特徴を持っています。
詐欺の会社というのは、とにかく集金して「はい、それでおしまい」ということではありません。
簡単な仕事、難解な仕事を被害者に振って、なんとかうやむやの状態にし、「あ、私がこの仕事についていけなかったんだ」「やっぱり在宅ワークは難しいな、パートに出よう」などと、自分を責める方向に仕向けて、諦めさせるのです。

未だに宛名書き内職は人気

この在宅ワークの中でも相変わらず人気のものが、PCスキルがない人が選ぶ、「宛名書き」と「セル画彩色をする塗り絵」「チラシ配り」の仕事です。
この2職種についての手口をここで解説しておきましょう。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。