体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

食通・タモリも唸った立ち食いそば屋! 本格的だけど290円

食通・タモリも唸った立ち食いそば屋! 本格的だけど290円
J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー『7-ELEVEN LUNCH HUNTER』。この週は「下町グルメ特集」をテーマにお届けしています。4月18日(水)のオンエアでは、290円で本格的なそばが食べられる名店「そばよし」を紹介しました。

【東京下町グルメ第1回】ちゃんこ鍋ランチを1000円で! 相撲部屋直伝の味が堪能
【東京下町グルメ2回目】旨味がジュワッ! 昭和26年創業、浅草の下町絶品ポークソテー

店を紹介してくれた料理芸人のクック井上。さんは「おつゆがいい香りで、立ち食いそば屋とは思えないクオリティ!」と絶賛。タモリさんが、とある番組で「これは本格的だ……」と言って話題になった店でもあります。

最寄り駅は東京メトロ三越前駅。江戸橋北の交差点に位置しています。店は13代続く鰹節問屋で、天保10年(1840年)から、東京の下町で商売を続けています。「そばよし」が開店したのは17年前のこと。工場が入っていたビルの1階が空いたことがきっかけで、そば屋を始めました。

代表者の話によると「本業の鰹節屋のお客さんはおそば屋さんだから、自分たちもおそば屋さんをやりたいと思ったんです」。天然素材の旨みをもっと多くの人に知ってほしいという思いから、気軽に寄ることができる立ち食いそば屋にしたそうです。

おすすめの食べ方を訊いたところ、「初めてご来店いただいたときは、かけそばがおすすめです。本当にシンプルなかけそばが、最も汁の味が分かると思うんです。舌と鼻と鼻腔に抜けていく香りは、天然素材のものでないとそうはいきません。香りと旨みを同時に感じられるのは天然ならではだと思います」

そばは、一般的なそば屋ではあまり使われることがない製麺機を使用。風味、歯ごたえを失わないように、風味、コシのある麺を提供しています。ぜひ一度、味わってみてください。

次回19日(木)は、新感覚のもんじゃが楽しめるお店を紹介します。放送は11時45分頃から。また『STEP ONE』では19日(木)まで『GIANTクロスバイク』『audio-technicaワイヤレスヘッドホン』のプレゼントも実施中です。お聴き逃しなく!

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】

番組名:『STEP ONE』
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。