体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[アスパラガスの下ごしらえ]皮はどこまで、どうむくのが正解?

[アスパラガスの下ごしらえ]皮はどこまで、どうむくのが正解?

4~6月にかけて旬を迎えるアスパラガス。茎の部分には固いところもあるので、調理するときは取り除く必要があります。上手な皮むき、切り方など、下ごしらえのコツを覚えましょう。

アスパラガスの種類 

まずは、アスパラガスの種類について紹介します。
おいしいアスパラガスの選び方はコチラ

グリーンアスパラガス

地面より上に伸びた、緑の若い茎を収穫したもの。最もよく見かけるアスパラガスで、流通量の9割以上を占めています。

アスパラガスの種類:グリーンアスパラガス

ホワイトアスパラガス

品種はグリーンアスパラガスと同じですが、土を寄せて光が当たらないようにして栽培したもの。ほろ苦い風味があります。

アスパラガスの種類:ホワイトアスパラガス

紫アスパラガス

表皮にポリフェノールの一種である「アントシアニン」を含む紫色の品種で、茹でると緑色になります。やや甘みが強く、柔らかな食感が特徴です。

アスパラガスの種類:紫アスパラガス

下ごしらえ不要のミニアスパラガスも

この他、グリーンアスパラガスを若取りした10cmほどの長さのミニアスパラガスも時々、見かけます。茎が細いため、皮むきなどの下ごしらえが不要です。   

部位別の特徴

・穂先

アスパラガスの穂先は、最もやわらかい部分。穂先と茎を切り分ける場合は、下の写真のように3番目のはかまの下を目安に、カットします。

・茎

3番目のはかまより下の部分。切り方によって、コリコリやシャキシャキなどいろいろな食感が楽しめます。

穂先と茎は3つ目のはかまを目安に切り分ける

皮のむき方

・穂先

皮をむかず、そのまま調理できます。

・茎

根元を1cmほど切り落とし、穂先を残してピーラーなどで皮をむいて使います。

皮のむき方:根元を1cm切り落とし、穂先を残してピーラーで薄くむく

ただし、春の出始めの時期であれば茎の部分も柔らかいので、根元1cmを切り落としたあと、下の写真のように根元から3cmほどのところだけ皮をむけば、そのまま調理できます。

1 2次のページ
VEGEDAY powered by KAGOMEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。