体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アンカー・ジャパンが25W出力で高性能ドライバーとDSP搭載のプレミアムBluetoothスピーカー『Anker SoundCore Pro+』を発売

アンカー・ジャパンが25W出力で高性能ドライバーとDSP搭載のプレミアムBluetoothスピーカー『Anker SoundCore Pro+』を発売

アンカー・ジャパンは4月20日、合計25W出力で高音質を実現したBluetoothスピーカーのプレミアムモデル『Anker SoundCore Pro+』を発売しました。価格は1万3480円(税込み)で、発売初日のみ500個限定で26%オフの1万円(税込み)で販売します。

soundcorepro2

合計25W出力となる2つのフルレンジドライバーと2つの高音域ツイーター、高性能のデジタルシグナルプロセッサ(DSP)を搭載し、低音から高音まであらゆる音域で歪みの少ない高音質サウンドを実現。さらに、Anker独自技術の“BassUp”テクノロジーにより、迫力のある重低音を楽しめます。

soundcorepro3 soundcorepro4

8000mAhの大容量バッテリーを搭載。1回の充電で最大18時間の連続再生が可能なほか、PowerIQ搭載のUSBポートからスマートフォンやタブレットを充電するモバイルバッテリーとしても利用できます。IPX4の防水にも対応し、水しぶきがかかる場所でも音楽を楽しめます。

『Anker SoundCore Pro+』主な仕様
入力:5V = 2A
オーディオ出力:12.5W × 2
USB 出力:5V = 2A
バッテリー容量:8000mAh
連続再生時間:最大 18 時間
周波数応答:65Hz-20KHz
サイズ:約204×72×69mm
重さ:約760g
Bluetooth 規格:4.2
防水規格:IPX4
パッケージ内容:Anker SoundCore Pro+、Micro USB ケーブル、取扱説明書

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。