体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

試してみたらおいしかった! 吸うアロマミスト『VITAFUL(ビタフル)』に春限定フレーバー『ウメミント』と『ピーチミント』が登場 [PR]

img_9107-3

電子タバコが普及する一方、フレーバーを楽しむ、いわゆるVAPEタイプの製品もよく見かけるようになりました。

『VITAFUL(ビタフル)』(※以下ビタフル)も、純粋に香りを楽しむフレーバースティックなのですが、なんとシリーズ累計50万本(※)を突破した人気製品。春限定のフレーバーが登場してますますの盛り上がりを見せています。
※2018年1月時点 I-ne調べ

今回は喫煙者である筆者が、その香りと吸い心地についてレポートしてみたいと思います。

img_9121-1

『ビタフル』とは

“フレーバースティック”が、一体どんなものなのかまだ知らない人も多いかもしれません。『ビタフル』は実際に吸うと、水蒸気の“煙”がしっかり出るので、まるでタバコのよう!

img_9103-1

見た目は電子タバコと似ていますが、ニコチンやタールは一切含まれていません。いつでもどこでも楽しめるのはもちろん、受動喫煙の心配もありませんし、当然タバコ特有のにおいもありません。

“吸うアロマミスト”とはまさしく言い得て妙。さらにフレーバーリキッドには、16種類の健康成分も含まれています。

※健康成分:ビタミンA、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、コエンザイムQ10、コラーゲン、カテキン、8-シネオール、l-メントール、プラセンタ、ヒアルロン酸、コンドロイチン、セラミド2、乳酸菌

そんな『ビタフル』には、“使い捨てタイプ”と“充電式”の2種類が存在します。いずれも安心の日本製です。

『VITAFULフレーバースティック<使い捨てタイプ>』

img_9132-5

『VITAFULフレーバースティック<使い捨てタイプ>』は、メンテナンス不要の使い捨てタイプ。春限定で登場した新フレーバーの『ウメミント』と『ピーチミント』を合わせるとその数全部で12種類!

充電の必要はなく、約500回の吸引が可能です。

img_9169-16 img_9173-17

細身のフォルムは、重すぎず軽すぎない23g(箱含む)。表面コーティングにはシリコンぽい滑り止めが施されとても持ちやすくなっています。お値段は1本1058円(税込み)です。

『VITAFUL 充電式フレーバースティック』

img_9129-4

『VITAFUL 充電式フレーバースティック』はUSB充電に対応。スターターキットには本体とフレーバーカートリッジ2本、専用充電器が付いて、1598円(税込み)となっています。

img_9177-18 img_9183-20
1 2 3次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。