体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ムーミンの物語を主題とした『ムーミンバレーパーク』 2019年3月グランドオープン決定

ムーミンファンに嬉しいニュース。

とうとうお待ちかね、埼玉県飯能市に『ムーミンバレーパーク』のグランドオープンが2019年3月と決定しました。

『ムーミンバレーパーク』は、北欧のライフスタイルやムーミンの物語の世界観を体験できる『メッツァ』の施設のひとつ。『メッツァ』は、北欧のライフスタイルを体験できる『メッツァビレッジ』(2018年11月開業、入場料無料)とムーミンの物語を主題とした『ムーミンバレーパーク』(入場料有料)の2つのエリアから構成。

原作の魅力がたっぷり詰まった『ムーミンバレーパーク』

豊かな自然に囲まれた『ムーミンバレーパーク』は、ムーミン一家が暮らすムーミン屋敷、ムーミンの物語を追体験できる複数のアトラクション、ムーミン一家とその仲間たちによるライブエンターテインメントやグリーティング、物語の中で登場する水浴び小屋・灯台、物語の魅力や原作者トーベ・ヤンソンの想いを感じることができる展示施設など、原作の大きな魅力である文学性やアート性にあふれた空間であり、訪れた皆さんが新しい発見に出会うことができる場所。

世界最大級の品揃えとなるムーミンのギフトショップでは、ここでしか買うことのできない多くのオリジナルグッズが並び、レストランでは、地元の食材を使った北欧とムーミンの世界観を融合したオリジナルメニューを楽しめます。

ムーミンバレーパークの主な施設はコレ!

1.エントランス施設

原作であるムーミンの物語が描かれた“本”のゲートをくぐりぬけ、この先に待つムーミンの物語の世界に期待を膨らませながらムーミン谷へと向かいます。

エントランス施設には、さまざまなパンケーキメニューを楽しめるレストランやショップがあり、これからムーミンの世界を楽しむためのグッズや、楽しんだ思い出として持ち帰れるグッズも続々!

2.ムーミン屋敷

地上 3 階と屋根裏部屋、地下室からなるムーミン屋敷は、ムーミン一家やその仲間たちの存在を感じられるよう、原作を忠実に再現。

地下室はたくさんの食糧が保管してある貯蔵庫で、1 階はキッチンと ダイニング、2 階はリビングとムーミンパパ・ムーミンママの部屋、3 階はムーミンの部屋とリトルミイの部屋、屋根裏 部屋はムーミンパパが執筆を行ったりする書斎。

3.展示施設

地上 3 階建ての施設。1 階は、世界最大級の品揃えとなるショップと、ムーミンの物語をテーマとしたメニューを楽しめるレストラン。

2 階は、ムーミンの物語や原作者トーベ・ヤンソンを作品展示や映像上映により多角的・多面的に紹介。展示を楽しんだ後は、その余韻を楽しむためのカフェや厳選されたムーミングッズが揃うセレクトショップ、ストーリーに基づいたモノづくりやトーベ・ヤンソンの作品にまつわる創作体験などができるワークショップが実施。
3 階は、物語の様々なシーンを巡りながら、物語の魅力をインタラクティブに体感できます。

4. 海のオーケストラ号

「勇気」や「挑戦」、「友情」、「家族の絆」をテーマとした、体感モーフィングシアターの手法を用いたアトラクション。物語に登場する「海のオーケストラ号」に乗って、ムーミンたちと一緒に冒険に出かけます。

壁面や床面に加え、造形物にも映像を投影し、これまでにないユニークな演出による没入感と臨場感あふれる体験が楽しめます。

1 2次のページ
erini (エリーニ)の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。食べ合わせを研究しています。 好きなもの:ダンス全般と漫画。 特技:漫画の早読み。 好きな動物:ハリネズミ。 好物:焼き鳥とナッツ。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。