体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

DLsiteと連携するクリエイター支援プラットフォーム「Ci-en」開始 今後はクーポン発行機能も

ci-en-top

ダウンロード販売サイト「DLsite.com」の運営元である株式会社エイシスは16日、クリエイター支援プラットフォーム「Ci-en(シエン)」を正式オープンした。

プロジェクト単位で資金調達するタイプのクラウドファンディングと異なり、月額課金で活動への金銭的支援を受け付けるサービス。同種のサービスは海外の「Patreon」が有名で、国内でも同人誌等の販売店「とらのあな」で知られる株式会社虎の穴が運営する「Fantia(ファンティア)」などいくつかのサービスが存在し、ここ数年で広がりを見せている。クリエイターが課金額と特典のプランをいくつか設定し、支援者が任意のプランを選ぶという形が一般的だ。

こうした中でCi-enならではの特徴は、国内最大級のダウンロード販売サイトであるDLsite.comとの連携だ。DLsite.comのアカウントでログイン可能となっており、クリエイター側にとっても100万人を超える登録者の居る有料販売サイトのユーザーを対象に支援を呼びかけられるのは大きなメリットと言えるだろう。

支援額の支払いにDLsiteポイントを利用できるのも特徴。DLsiteポイントは各種電子マネー、コンビニ前払い、銀行振込など購入方法が豊富なため、クレジットカードがなくても支援しやすい点もメリットだ。ただし利用規約により、Ci-enを利用できるのは18歳以上となっている。

また、支援への特典としてDLsite.comで販売している作品の割引・無料クーポンを発行する機能も8月頃の実装が予定されている。

なお、Ci-enは4月2日よりDLsite.comのサークル登録者を対象に先行オープンが行われており、正式オープンの時点で既に600名を超えるクリエイターが活動を開始している。
ci-en-mypage

「Ci-en」利用者のマイページの例。おすすめのクリエイターなども表示される

関連記事:

第9回「WOLF RPGエディターコンテスト(ウディコン)」開催! 20本以上の応募作品が早速プレイ可能
SmokingWOLF氏によるゲーム開発書籍「ゲーム開発者の地図 ~20年の個人開発から学んだこと~」Kindleで発売
「SMILE GAME BUILDER」製ゲームをUnityへエクスポート可能に!機能拡張DLCが今冬発売予定

もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy