体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

肌のくすみやシワの原因となる“肌疲労”…たった10秒でできる改善法とは?

肌のくすみやシワの原因となる“肌疲労”…たった10秒でできる改善法とは?
J-WAVEで放送中の番組『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー『SUNSTAR PLEASURE PICK UP!』。4月16日(月)のオンエアでは、とっておきの疲労回復法を紹介しました。

■「肌疲労」

循環器の専門医で「すぎおかクリニック院長」の杉岡充爾さんによると、疲れは肌にダイレクトに現れ、老化やシワも疲労によって起こるそう。そこで、肌の疲労を食い止める方法として、「冷たい水に顔をつける」のが有効だそうです。

疲れると顔色がすぐれなかったり、目にクマができたりします。それを杉岡さんは「肌疲労」と呼んでいます。抗ストレスホルモン=コルチゾールが貯蔵されているホルモンタンクが減ってくると、皮膚が老化してしまいます。それが皮膚の張りや乾燥、シワの原因になるのだそう。

杉岡:肌の色艶、血色が良い状態は、毛細血管がしっかりと開いて、血流の流れがいい状態のことを言います。疲労が溜まってくると、老廃物が血流の中に多くなってしまい、本来はまっすぐに流れる毛細血管が、デコボコに曲がってきます。そうすると皮膚を作る細胞のひとつひとつに酸素、または栄養がいかなくなり、肌がくすんできます。これがいわゆる「肌疲労」なのです。

そこで大事なのは、血流を良くすること。そのためには、肌に冷たい水を浴びせることが有効とのこと。顔に一分間、冷たい水を当てるだけで、脳への血流が上がったという研究報告もあります。杉岡さんが提唱するやり方は……。

・洗面器に水を張り、顔を10秒ほどつける。これで血流を高めることが期待できる。
・お風呂では、水のシャワーを10秒から20秒くらい浴びたあとで、温かい湯船に入るのも効果的。

■入浴で血流をよくする

また、鉄、亜鉛、マグネシウムは、血流を高めてホルモンタンクの浪費を防ぐため、疲労回復に効果的だそうです。

杉岡:亜鉛は赤身の肉や、貝類、ほうれん草に多く含まれています。マグネシウムは口から入れるよりも、皮膚からのほうが吸収率が高いという性質を持っています。マグネシウムの入浴剤を使って入浴するのもおすすめです。

オンエアでは、上記のためになるアドバイスが飛び出しました。もっと知りたい方は、杉岡さんの著書『毎日のカラダが楽になる 最高の疲労回復法』も手にとってみてください。次回17日(火)の放送では、「ちょっとしたコツで栄養がアップするお得な食べ方」をテーマにお届けします。放送は6時30分頃からです。どうぞ、お楽しみに。

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy