体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『銭湯図解シリーズ』で人気の銭湯番頭兼イラストレーター厳選! 都内のオススメ銭湯をご紹介

『銭湯図解シリーズ』で人気の銭湯番頭兼イラストレーター厳選! 都内のオススメ銭湯をご紹介
J-WAVEで放送中の番組『GOOD NEIGHBORS』。4月9日の週は、クリス智子に替わり女優・南沢奈央がナビゲーターを担当しました。4月11日(水)のオンエアでは、銭湯番頭兼イラストレーターの塩谷歩波さんが登場。建築事務所から銭湯番頭へ転職や、イラストレーターと両立するコツ、オススメの銭湯などを伺いました。

■友だち10人が転職に賛成

もともと設計事務所で働いていた塩谷さんは、学生時代はあまり成績がよくなかったため、「誰よりも有名な建築家になろう」と頑張りすぎて、体調を壊してしまいます。先生に「体を温めたほうがいい」と薦められ、銭湯に通ううちに体調がよくなり、心も救われ、「銭湯に恩返しをしたい」と、絵を描きはじめました。それらをネットに公開したところ、現在働いている「小杉湯」の若旦那から声がかかり、銭湯へ転職することになりました。

最初はなかなか決断できず、友だち10人に相談したところ、全員が「銭湯は塩谷に向いている」と、賛成してくれたと言います。

塩谷さんが「両方好きなことなので大丈夫です」と語る番頭とイラストレーターの両立。その中で生まれた『銭湯図解シリーズ』について伺いました。

塩谷:取材のお願いをして、実際に自分で寸法を図って写真を撮って、インタビューをして、そのあと家に帰って下書きして、ペンで水彩紙にトレースして、水彩して仕上げる。全部で24時間以上はかかっていると思います。全部のイラストで65分の1とか70分の1とか縮尺を決めていて、なるべく実際の大きさに合わせて描くようにしています。桶とかも極力本当のものに近い縮尺で描こうとしています。営業前に取材に行きますが、自分で入っているときに、人はこういう風だったと思い出して、人や建物などはリアルさが好きなところで、こだわりたいなと思ってます。

これまで全国200を超える銭湯をまわったという塩谷さん。その中からオススメの銭湯を教えてもらいました。

■練馬区桜台の天然温泉 久松湯(練馬区)

塩谷:こちらは本当にきれいで、見た目が美術館なんですよ。ロゴとかもカッコよくて、女性でも入りやすいし、入ってみると中も美術館みたい。建築的にもカッコイイしオシャレ。壁にプロジェクションマッピングが夕方くらいから始まるので、そういう楽しさもありますね。露天風呂の温泉もあるので、それを楽しみに行くのもありです。

■ひだまりの泉萩の湯(台東区)

塩谷:昨年5月にリニューアルオープンしたばかりなんですけど、10階以上のマンションの1階から4階が全て銭湯なんです。なので、都内で1番大きい銭湯だと思います。1階がエントランス、2階が食堂、3階が男湯、4階が女湯です。食堂は、元・中華料理店のコックさんが作っているので、餃子がおいしいです。

■銭湯の魅力

オンエアでは、塩谷さんに銭湯の魅力について改めてお訊きしました。

塩谷:建物やお風呂もいいですが、最近いいなと思うのは、同じ時間に入っていて、よく会う常連さんの、顔は知ってるけど名前も職業も知らない、そんな匿名性のあるリアルコミュニティが、SNSネイティブな私にとっては、そのコミュニケーションに近いなと。職業を知らない人とでも対等にやれるのが、銭湯の魅力のひとつかなと思います。

現在は「銭湯の価値を再興しよう」と、オンラインサロン開設の準備をしており、「10年後に銭湯に行くのがカッコイイような文化にしたい」と抱負を明かす塩谷さん。職場の小杉湯でも、アートギャラリーを展開したり、ランナーの荷物の預かりやWi−Fiフリーなど、銭湯の可能性を広げています。人気の『銭湯図解シリーズ』も含め、今後の活動にも注目です!

今週(16日〜19日)の『GOOD NEIGHBORS』は、クリス智子が復帰し、豪華ゲストをお迎えします。明日17日(火)はラブリさん、18日(水)はあいみょんさん、川田正和さん、19日(木)はジョン・カビラさんが登場します。お楽しみに!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】

番組名:『GOOD NEIGHBORS』
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。