体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

俳優・ミュージシャン・スポーツ選手…今をときめく男子たちの“マーベル愛”コメントが大集結!

%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3_01

アイアンマン、キャプテン・アメリカ、スパイダーマン、ソー、ハルクら、人気ヒーローたちが集結し、映画史に残る破格のメガ・ヒットを続けるマーベル・スタジオの『アベンジャーズ』シリーズ。その待望の最新映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』がいよいよ4月27日(金)に劇場公開となります。

そもそも、マーベルとはアメコミ界の一大ブランド。そのアメコミのヒーローを2008年に映画化した、ロバート・ダウニーJr.主演の「アイアンマン」が大ヒット。その後も、『マイティ・ソー』、『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』と立て続けにマーベルのヒーローを映画化し、そして各作品のヒーローたちが1つのチームとして集結して戦う、究極の作品『アベンジャーズ』が空前の大ブームを巻き起こした。これまで18本の映画を送り出し、そのいずれもが大成功を収めているのです。

これらマーベル作品の特筆すべき点は、各作品がマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)と呼ばれる一つの世界観を共有し、ヒーローたちが作品の枠を超えた”共演”ができること。また、ヒーローはただ強いだけではなく、そのマスクの下には、一人の人間としての苦悩や葛藤が丁寧に描かれていて、共感や感情移入がしやすいことも人気の秘密です。

日本でも若者を中心にマーベル作品の人気は年々高まっていて、マーベル好きを公言する俳優やモデル、ミュージシャンやスポーツ選手たちが増加中。今回は、全世界が注目する「アベンジャーズ」最新作の劇場公開を目前に控え、今まで”マーベル愛”を語ってくれたみなさんのコメントが大集結! 「ガジェット通信」のインタビューにも答えてくれたあの人もいるよ!

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。