体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

車のタイヤ空気圧をリアルタイム表示する交通事故防止ツール『Air Safe(エアセーフ)』を体験してみた

高速道路でのJAF出動理由の第1位は、タイヤトラブル。その原因となるのが、タイヤの“空気圧不足”なのだとか。たしかにタイヤの空気圧は“大切”とわかっていても、チェックを怠りがち…そこで便利なのが、運転中にリアルタイムに空気圧を確認できる『Air Safe(エアセーフ)』。今回、4月8日の「タイヤの日」を前に、同製品を販売するバスク株式会社主催の体験セミナーに参加した!

 

空気圧チェックの機会減少により、タイヤトラブルが増加

「タイヤのパンク、バースト、空気圧不足」による事故を未然に防ぐためにも、タイヤの空気圧点検は欠かせない。だが最近はセルフガソリンスタンドが主流となり、専門知識を持ったスタッフに定期的なチェックをしてもらう機会が減っているのが実情。それに比例するように、JAFへのタイヤトラブル救援件数が年々増加しているのだそう。

 

とはいえ、自宅では確認できないし、そのためにフルサービスのガソリンスタンドやカーショップに行くのも面倒くさい…という人も多いはず。

左が各タイヤに取り付けるセンサー&送信機で、右がダッシュボードに設置するモニター受信機。

バスク株式会社(埼玉県志木市)が販売する『Air Safe(エアセーフ)』は、リアルタイムでタイヤの空気圧を知らせてくれる便利アイテム。走行中は常時モニターに現在の空気圧が表示され、タイヤに異常があると、表示点滅とアラーム音で警告してくれるのだ。

センサーは、タイヤのバルブと挿げ替えてセットするだけ。ただし専門店での施工が必要!

ちなみに『Air Safe(エアセーフ)』のようなTPMS(タイヤ空気圧監視システム/Tire Pressure Monitoring System)は、アメリカでは2007年には設置が義務化。さらに2012年には欧州、2013年には韓国でも義務化されている。これらの国々に輸出される日本車にもTPMSが標準装備されており、日本で義務化される日もそう遠くなさそうだ。

 

そもそも、タイヤの空気圧が不足するとどうなるか?

タイヤの空気は自然と抜けていく上、見た目では変化がわかりにくい。だが空気圧チェックは重要であると、教習所で習ったはず!

 

いちばん怖いのは高速走行時だ。空気圧不足のままタイヤが高速回転すると、変形によって熱が発生。最悪の場合、突然の破裂(バースト)により大事故を引き起こしてしまう。セミナーでは、実際にバーストによる事故動画を放映。それまで通常通り走行しているように見えた車が、突如予測不能に動き出し、左右の車に追突するという恐ろしいものだった。

バスク株式会社の小笠原孝嗣社長が自ら解説。

タイヤの空気圧不足が引き起こすのはバーストだけではない。タイヤの空気が抜けた自転車を想像するとわかりやすいが、抵抗が大きくなるため操縦性が悪化。さらに、外側だけゴムが減るといった偏摩耗によりタイヤの寿命が短縮してしまうという。

 

そして、アクセルを大きく踏むことになり燃費も悪化。なんと、指定空気圧から30%低下した状態で走行すると、8.5%も燃費が悪くなるというデータもあるのだとか。ガソリン価格が高騰中の今、これは家計にとっても痛手。適正の空気圧を保つことで、安全かつ財布にも優しい運転を心がけたいものである。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。