体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[動画レポ]DMM VR THEATER初!中村優一ら俳優の生パフォーマンスとVRが融合した朗読劇『メイクヒーロー』

横浜にあるライブホログラフィック専用エンターテイメント常設劇場「DMM VR THEATER」にて、人気俳優陣が実際に舞台上に立ち、VRのキャラクターや演出を駆使した朗読劇を披露する『メイクヒーロー DMM VR THEATER Version』が4月8日まで上演中。公演の様子を動画を交えてレポートします。

DMM VR THEATERは、ホログラフィック映像技術を生かし、 バーチャルアイドルやアニメキャラクターなどのライブコンテンツを数々上演してきた3DCG劇場。しかも、3DメガネやVRゴーグルをかけることなく、眼の前に存在するかのような臨場感のある3DCGを楽しむことができるんです。

※すべての画像・動画が表示されない場合はOtajoからご覧ください。
http://otajo.jp/71671[リンク]

以前、声優さんがDMM VR THEATERで朗読劇を披露したことがあるそうですが、今回のようにVRの演出と舞台上の俳優さんが連動して作り上げる作品は初とのこと。

出演するのは安達勇人さん、井深克彦さん、柏木祐介さん、北川尚弥さん、輝山立さん、中村優一さんといった、様々なジャンルの舞台で活躍する人気俳優陣。そして、浪川大輔をはじめ村井雄治さん、前田玲奈さん、田辺留依さんら声優陣がCGキャラクターの声を担当しています。

開演前のアナウンスも浪川さんが担当。鑑賞マナーに関する注意事項を伝えつつ、「ほんとすみません、偉そうで」など、コミカルなアナウンスで笑いを誘ってきます。

物語は、喫茶店にやってきた超大物声優・浪風大輔(なみかぜ だいすけ)が、居合わせたシナリオライターに「僕が主人公のオリジナルアニメのシナリオを一緒に考えて欲しい」と相談するところから始まり、想像したキャラクターたちが眼の前にCGで登場し、アニメのストーリーがその場で作り上げられていくクリエイティブコメディ。

CGで登場する浪風大輔には、波風大輔役の俳優さんがその場で声を当てていく、生アフレコ仕様。しかし、実は、俳優さんたちにはVRの映像が見えていないそうなんです!

俳優さんたちが立つステージと客席の間には、ハーフミラー性能のスクリーンがあり、そこにVR映像が投影される仕組み。客席からはキレイにVR映像が見えるように作られているため、そのスクリーンの奥にいる俳優さんたちには、投影されている映像が見えない……。

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy