体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[きゅうりの冷凍保存]超簡単!おいしく保存&解凍するコツ

[きゅうりの冷凍保存]超簡単!おいしく保存&解凍するコツ

きゅうりは低温に弱い野菜ですが、正しく下ごしらえすれば、おいしく冷凍保存することが可能です。今回はきゅうりを冷凍で保存する際の、コツを紹介します。

きゅうりの冷凍保存方法

きゅうりを冷凍するための下ごしらえは、とても簡単です。冷凍で約1カ月程度、保存できますので、試してみましょう!
おいしいきゅうりの選び方はコチラ

きゅうりの冷凍保存:きゅうりを薄い輪切りにします

きゅうりを、薄い輪切りにします。

きゅうりの冷凍保存:きゅうりをボウルに入れて塩もみ

輪切りしたきゅうりをボウルに入れ、塩少々を加えてもみ込みます。

きゅうりの冷凍保存:5分ほどおき、不要な水気を手で絞ります

5分ほどおくとクタッとしてくるため、手で絞って水気を抜きます。

きゅうりの冷凍保存:きゅうりを1本分ずつラップで包みます

1本分ずつに小分けして、ラップで包みます。

きゅうりの冷凍保存:ラップしたきゅうりを、冷凍用保存袋に入れて冷凍

冷凍用保存袋に入れて、冷凍庫へ。

冷凍保存したきゅうりを調理する場合

冷凍したきゅうりは自然解凍します。

冷凍きゅうりの解凍方法:自然解凍か、ラップを外してザルに入れて熱湯をかけます

時間がない時は、ラップを取り外してから、ザルに入れて熱湯をかけます。

冷凍きゅうりの解凍方法:解凍後は、不要な水気を手で絞ります

自然解凍した場合も、熱湯で解凍した場合も、不要な水気を手で絞って抜きます。

最後に

冷凍したきゅうりは、解凍後にそのまま食べるよりも、ポテトサラダや酢の物などにするのがおすすめ。時短でサッと一品足したいときにも便利です。大量に手に入ったら余った分を冷凍保存して、賢く食べきりましょう!

[きゅうり]栄養と、おいしく食べる切り方や保存法

[きゅうり]栄養と、おいしく食べる切り方や保存法

みずみずしさと歯ざわりが特徴的なきゅうり。熟すと黄色になることから、古くは「黄瓜」と記されていたと言われます。今では一人当たりの消費量がトップレベルの人気野菜です。

最終更新:2018.04.11

文:アーク・コミュニケーションズ
写真(撮影):清水亮一(アーク・コミュニケーションズ)
写真(撮影協力):吉田めぐみ
監修:カゴメ
参考文献:
『もっとからだにおいしい野菜の便利帳』白鳥早奈英・板木利隆監修(高橋書店)
『ひと目でわかる!食品保存辞典』島本美由紀著(講談社)

VEGEDAY powerd by KAGOMEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。