体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

祝アカデミー賞受賞! 辻一弘さんインタビュー「栄誉の大きさを改めて実感している」「ゲイリーだから出来た」

辻一弘

ゲイリー・オールドマンがイギリスの政治家ウィンストン・チャーチルを演じ、第90回アカデミー賞で主演男優賞を受賞した映画『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』。チャーチルの首相就任からダンケルクの戦いまでの知られざる4週間という実在の歴史を見事に描き切った傑作ドラマです。

実際はチャーチルと似ても似つかないゲイリー・オールドマンを、本人ソックリに変身させたのは、メイクアップアーティストの辻一弘さん。アカデミー賞3回目のノミネートで見事「メイクアップ&ヘアスタイリング賞」を受賞しました。

ガジェット通信は映画のPRの為、一時帰国した辻さんご本人にインタビューを敢行。「映画業界を退いていたが、ゲイリー・オールドマンたっての希望で本作に参加した」という胸アツエピソードについても伺ってきました。

sub5

――アカデミー賞受賞おめでとうございます! いきなりミーハーな質問ですみません。受賞した後にはお祝いメールがたくさん来ましたか?

辻:はい、たくさん来ました(笑)。返事を書くのが大変で、一行で済まさせてもらったり。

――賞の為に映画を作っているわけでは無いにせよ、やはりアカデミー賞という存在は大きいのですよね。

辻:そうですね、業界にいた時はアカデミー賞を獲るのは夢でした。これまでノミネートされた事があっても受賞した事は無くて、ゲイリーさんも一緒でした。今回賞をいただいて、この栄誉がどれだけ大きい事か改めて実感しています。そして、この映画で獲れて良かったです。この映画で受賞出来た事がとても意味のある事だと思っています。

――辻さんは現在映画業界から現代美術家に転向していて、ゲイリー・オールドマンの打診によって本作に参加したという事ですが、このエピソード自体が私にとっては映画レベルの感動でした。

辻:ゲイリーが僕以外とは仕事したくなかった、と言ってくれてすごく光栄でした。他のアーティストもあたったそうなのですが、やりたい事を実現出来る人がいなかったそうなんですね。でもその時には僕は映画の世界から退いていたので、僕がNo.と言ったらこの映画は存在しなかったと。

DARKEST HOUR

――今後もゲイリーさんの様な熱い想いを持った方が現れれば、辻さんがまた映画に携わるかもしれないのでしょうか。

辻:ゲイリーが特別な人なので、なかなかあの人と同じ様な人はいないとは思います。なので、依頼をいただいたらその内容を見て考える感じですね。ハリウッドでは、特殊メイクを頼んでおいて特殊メイクを嫌がる俳優ばかりなので(笑)。状況に不満があった時に、文句を言えば言うほどさらに状況は悪くなってくる。人生と一緒だな、と思っていました。その役を受ける前に状況を把握しておくべきでだと思います。

――自分が文句を言うことで、さらに仕事をしづらくしているという現状ですね……。本作での、実際の作業の進め方はどんなものでしたか?

辻:ジョー・ライト監督はここまで特殊メイクを多用した撮影をしたことが無かったので、不安も大きかったと思うんですね。メイクの可能性と制限というのもご存知なかったので、 「撮影中にこういう事が起きる可能性があります」というリスク等も説明して。色々話し合いながら作りましたが、結局は僕の頭の中にイメージがあるので、監督や他のスタッフが思ったとおりに出来ないかもしれないというのが、難しいところでもありました。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。