体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

甘さはいらないが刺激は欲しい! 大人のための直飲用無糖炭酸『カナダドライ ザ・タンサン・ストロング/ザ・タンサン・レモン』!

竹内涼真出演のCMが印象的な『カナダドライ ザ・タンサン・ストロング/ザ・タンサン・レモン』。従来はあくまでウィスキーなどの酒の割り材として存在していたが、「ウィルキンソン タンサン」のヒットで状況は変化。そのまま飲んで美味しくゼロカロリーだけど刺激満点という新タンサン時代が始まった。そしてコカ・コーラシステムも黙ってはいなかった。

ゼロカロリーでダイエット・糖質制限にもいい! アルコールの割り材じゃない、味にこだわった美味しく飲むための大人の強炭酸!

近年は炭酸飲料もコーラを筆頭にゼロカロリー商品が増えたが、炭酸の刺激が欲しいだけの時に、ゼロカロリーとはいえ人工甘味料の入っているドリンクを飲むのはイマイチしっくり来ないという人も多いのでは?

ちなみに炭酸水は何も効果がないと思うかもしれないが、水分補給の他にも血行を良くすることはよく知られている。さらに刺激することで胃腸の調子もすっきりさせる。習慣に取り入れて悪いことはない

 

もちろんバブル時代から「ペリエ」や「サンペレグリノ」など、イタリア料理店中心にお酒の代用として愛飲されるナチュラル発泡水はあった。しかし高価だったり、ビン入りであったり、自販機ではなかなか売ってなかったりと手軽さには欠けていた。

炭酸のつぶつぶが大騒ぎする感じ

 

ところが近年、100年ブランドながら、もっぱら酒の割材としての印象が強かった「ウィルキンソン タンサン」が、甘くない炭酸水としてコンビニの棚にもミネラルウォーターの仲間のように並ぶようになった2011年から。ペットボトル商品の投入で一気に広まった。ゼロカロリーだが炭酸は強め。確かにこの感覚は、別にアルコールが入ってなくても心地よいリフレッシュができる。

 

 

そこでついにコカ・コーラシステムからも、定冠詞”THE”を付けた飲む用炭酸水『カナダドライ ザ・タンサン・ストロング/ザ・タンサン・レモン』(490ml PET・希望小売価格 税抜121円・2018年3月26日発売)が登場。カナダドライというとジンジャーエールの印象が強いので甘い気がしてしまうが、これはまったくの無糖。

ノーマルな炭酸水の『カナダドライ ザ・タンサン・ストロング』とレモン風味を加えた『カナダドライ ザ・タンサン・レモン』の2種展開となる。

 

 

炭酸ガスまでフィルターを通す徹底ぶりで、磨き上げられた炭酸の美味しさを追求!

この「ザ・タンサン」の何がすごいかというと、水そのものだけでなく、炭酸ガス(泡)まで特別な機械を使ってフィルター濾過しているということ。つまりより純粋な炭酸水を作り出しつつ、衛生面・雑味面でも徹底したこだわりを実現したということ。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy