体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

幻想的な「ホタルイカの身投げ」を見に富山湾へ。とって食べてみた

幻想的な「ホタルイカの身投げ」を見に富山湾へ。とって食べてみた

「ホタルイカの身投げ」という現象をご存じでしょうか?
早春から晩春にかけ、富山湾の深海底にすむホタルイカたちが産卵の時期を迎え、一斉に岸に押し寄せ、やがて打ち上げられます。これが「身投げ」です。ホタルイカの発光器は刺激を受けると光るのですが、打ち上げられる際にパッと青白く光り、とても幻想的な光景を醸し出します。「身投げ」は「ホタルイカ群遊海面」として国の特別天然記念物にも指定されています。

一方でホタルイカといえば春を彩る美味のひとつ。鮮度が落ちやすく、とれたてが一番うまいとされているため、真のおいしさは産地に行かないと味わえません。
さらに、「身投げ」の見られる海岸では、一般の人でも岸に押し寄せるホタルイカを網ですくってとることができるのです。
美しく光るホタルイカを自らすくいとり、鮮度抜群なまま調理すれば、信じられないほどおいしいのではないか……。

ということで、美しい光景と究極なる美味にありつくべく、富山へと向かいます。

ハンターが集まる釣り具店でホタルイカのとり方を教わる

JR東京駅からJR富山駅までは北陸新幹線「かがやき」でたったの2時間ちょい。駅前でレンタカーを借り、向かったのは車で約10分の「つり具の上州屋 富山千代田店」。

つり具の上州屋 富山千代田店 店舗外観

上州屋は全国チェーンのつり具店ですが、富山千代田店では2月~5月のホタルイカの身投げ時期に関連グッズと情報が充実し、初心者からマニアまでが集う拠点となります。店長の森隆也さんに、とり方のコツなどを伺いました。
つり具の上州屋 富山千代田店 店長森さん

店長の森隆也さんと、ホタルイカ装備に身を固めたマネキン

茸本朗(たけもとあきら) 
ホタルイカはどんな場所で身投げするのでしょうか

森さん東は魚津から西は伏木までの海岸に接岸します。漁港の岸壁は立ち入り禁止地区なども多く、浜ですくうほうが安心して楽しむことができます。
たくさんの人が集まる海岸でイカをすくうには、浜辺で身投げを待つよりも海の中に立ち込む(※入って立つこと)のがよいでしょう。また、打ち上げられた個体は体内に砂をかんでいておいしくないので、食べるのであれば泳いでいる個体がおすすめです。

茸本朗(たけもとあきら) 
すくうのに適したタイミングは?

森さん新月の大潮がよいといわれていますが、干満の大きさにかかわらず、上げ潮(満潮に向かう時間帯)がよいと思います。
大事なのはむしろ天候で、荒天や雨天では、まずすくえないでしょう。
つり具の上州屋 富山千代田店 すくいやすいタイミングを書いたポップ

1 2 3 4 5次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。