体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

与えられた仕事のなかにこそ、新しい仕事が見つかる|橋本徹さん(会員制食堂「84」店長/元任天堂社員)

与えられた仕事のなかにこそ、新しい仕事が見つかる|橋本徹さん(会員制食堂「84」店長/元任天堂社員)

さまざまなシーンで活躍しているビジネスパーソンや著名人に、ファミコンにまつわる思い出から今につながる仕事の哲学や人生観についてうかがっていく本連載「思い出のファミコン – The Human Side –」。

今回ご登場いただくのは、元任天堂社員で、現在はマリオやゼルダにポケモンなど、任天堂ゲームファン垂涎のレアグッズをしつらえた店内が印象的な、会員制食堂「84」の店長である橋本徹さん。ファミコン発売直後に入社した任天堂社員として経験した当時の熱狂の裏側をはじめ、あの時代を経験したからこそ現在に至ったキャリアステップなど、往年の“ファミっ子”たちへの示唆に富むお話をうかがうことができた―― <橋本徹さん プロフィール>

1962年兵庫県生まれ。1984年に任天堂入社。同社では基幹系のSEや営業を経た後、ゲームソフトの評価部門である「スーパーマリオクラブ」の運営に関わり、その後ゲームのモニタリングやチューニングなどを行う株式会社猿楽庁を設立する。2015年2月には会員制食堂「84」をオープン。ゲーム業界人や愛好者に限らず、訪問客の輪を広げながら、知る人ぞ知る交流の場として盛況を博している。

地鳴りとともに体感したファミコンブームのクリスマス商戦

―― 橋本さんはファミコンが発売された(1983年)翌年の1984年入社なのですね。なぜ任天堂を就職先に選んだのですか?

元々父親が京都人だったことや、僕も学生時代を京都で過ごしたこともあって京都に愛着があり、できればそのまま京都で暮らしたいなあって思ったんですよ。だから、京セラやワコール、そして任天堂といった京都に本社がある企業に絞って就活をしました。そんななか最初に内定をいただけたのが任天堂でして……ファミコンブーム直前だったこともあって、じつは就活中にはファミコンで遊んだことすらなかったんです。たまたま偶然、時代の巡り合わせでしたね。

―― 入社後はどんなお仕事を?

入社後はシステム部門に配属されて、経理や財務など社内基幹システムのSEをやっていました。とはいえ大学を出てすぐ、しかも経営学部の出身でしたから、プログラムの知識はゼロ。研修でイチからプログラミング講習を受けました。仕事としてファミコンに関わることもありませんでした。

その後、自分たちでプログラムを組んで、売上データやら伝票やらを出力するシステムを作っていました。そこで『デビルワールド』とか『クルクルランド』が何本売れたとか、『スーパーマリオブラザーズ』がすごいとか……商品名とたくさんの数値やデータが行き交うのを見て、ファミコンブームを間接的に体感していました。

―― ファミコンブームを直接的に実感したエピソードはありますか?

入社した年(1984年)の年末はファミコンが発売されて1年半くらいで、ちょうどブームに火が付き始めたころ。新人でしたから週末土日はデパート応援っていうのがあって、デパートのおもちゃ売り場に立って販売を手伝うんですね。僕は京都大丸の担当だったのですが、前日から売り場に行って、ファミコンを大丸の紙袋に1台ずつ入れていくんです。それを1,000台ぶん用意しておきました。

翌朝も早めに行って準備して、店員さんとショーケースの前で開店を待つんです。すると10時の開店アナウンスとともに、下から地鳴りがしてくるんですよ! エスカレーターに階段、もうみんなダッシュで駆け上がってきて、まずやることはショーケースを店員さんと押さえること。「押すな!押すな!」でショーケースを押さえる一方、お客さんがみんな現金を出して「くれや!くれや!」ってなって(笑)、当時は列を作ったり整理券を配布するっていう慣習もなかったので、まさに早い者勝ち。転んだ人を踏んででも先に行くみたいな状態で、1時間もたたずに用意した1,000台はなくなりました。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。