体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

本場シカゴで20年、世界でプレイしてきたギタリスト菊田俊介が直伝する“生きたブルースの身につけ方”

シカゴ、メンフィス、ニューオーリンズ、ミシシッピ……熱々のブルース・スポットをまわった時のエピソードを紹介する大好評のリアル・ガイドブック『世界のブルース横丁』に続いて、本場仕込みのブルース・ギターの極意をわかりやすく伝授する『生きたブルースを身につける方法』を出版したギタリスト菊田俊介さん

シカゴの第一線で活躍してきた彼に、担当編集であるギター・マガジン書籍部の鈴木が、リアル・ブルースを知るギタリストだからこそのスピリットを聞いてみました!

「B.B.KingのThe Thrill Is Goneも知らねぇのかっ!?」って怒られた…

鈴木 『世界のブルース横丁』は、菊田さんが、世界中のブルース好きの集まるスポットや、グラミー賞にもノミネートされたココ・テイラーやジェイムス・コットンなどのブルース・レジェンドとともに世界をまわった時のエピソードを紹介した旅行記のような一冊でした。これがブルースファンに大変好評だったので、僕が菊田さんに“生きたブルースを身につける方法”という別のテーマで企画をご相談してみたところ……。

菊田 とても良いテーマだと思ったので、どうやって作りこんでいけるかなとしばらく考えました。実際、『生きたブルースを身につける方法』には今の自分が持っているものを全部詰め込めた手応えはあります。

鈴木 菊田さんは実際に本場アメリカでプレイしながらブルースを学んでいったんですよね?

菊田 ええ。なので最初はジャムセッションに参加しても、知らない曲だらけでしたよ。「今のって誰の曲なの?」て周りに聞くと、「B.B.KingのThe Thrill Is Goneも知らねぇのかっ!?」って怒られるくらい(笑)。その頃は、3コードは弾けるけど、スモールコードやテンションの入れ方は全然分からなかった。でも一番苦労したのは、コードとリズムの取り方ですね。周りの腕の立つ先輩たちをジーっと見ながら覚えていきました。

テンポは同じでもレイドバックしているから大きな演奏になる

鈴木 リズムやスモールコードなどは、頭でわかっていても、実際の現場でプレイするのは難しそうです。

菊田 タイミングやタッチを身に付けるのは簡単ではないですね。

鈴木 本には、リズム・ギターを弾くときは「少し遅めに弾くクセをつける」(本書p.171)と書いてありました。

菊田 シカゴで一緒にプレイした黒人のドラマーたちは、レイドバックするグルーヴをプレイする人が多く、特にスネアはかなりうしろのタイミングで叩くんです。だから自分では「ワン・トゥ・スリー・フォー」って合わせているつもりでも、後から録音を聞くと、自分だけが先走って弾いてたり。彼らは、テンポは同じでもレイドバックしているから、より大きくゆったりした演奏ができているんですね。

バディ・ガイやオーティス・ラッシュと一緒にステージに立つと、音圧のすごさに気付く

鈴木 日本でジャム・セッションに参加している人も、シカゴに行ってみたら大きな発見があるんでしょうね。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。