体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

小野賢章「人間っぽくない感じを出せたら」『映画プリキュアスーパースターズ!』インタビュー

3月17日より、“プリキュア”シリーズ最新作『HUGっと!プリキュア』を迎えた『映画プリキュアスーパースターズ!』が絶賛上映中。本作で、小野賢章さんが映画オリジナルキャラを演じます。

小野さんが演じるのは、主人公・野乃 はなが幼いころに迷い込んだ不思議な世界で出会った謎の男の子 ・クローバー。はなとクローバーの交わした約束が、作品のストーリーを大きく動かします。

今回は“プリキュア”シリーズに初出演となる小野さんにインタビュー。アフレコの様子や子供の頃のお話まで伺ってきました!

小野賢章「これをきっかけに妖精役が増えれば(笑)」

――妹さんと一緒に初代の『プリキュア』を見ていたそうですが、小野さん自身も楽しんで見ていたんですか?

小野:けっこう前になるので、お話の詳細はあまり記憶に残っていないのですが、その前の時間の戦隊モノからの流れで一緒に観ていたと思います。でも歌も口ずさめるくらいなので、楽しんで観ていたんだと思いますよ。

――『プリキュア』にまさか出るとは、と思いましたか?

小野:女の子の作品という印象が強いので、あまり縁はないものなのかな、となんとなく思っていました。オファーのお話をいただいた時はすごく嬉しかったですね。

――演じられたクローバーというキャラクターについて教えてください。

小野:不思議な世界にいる妖精のような男の子で、はなに出会う前からずっと色のない灰色の世界にいる。その世界は、元々はクローバーが一面に生えていてキレイだったんだけど、灰色の世界になってしまって、ずっとそこから出られずにいろんなことを諦めているような男の子です。

――予告編が解禁されたときに、小野さんの名前がまだ出ていなくて誰?といった反応があり、小野さんの名前が出て「え、そうだったんだ!」とけっこう驚きの声があったみたいですね。反響は届きました?

小野:届きました! それは僕としては、「よし、良かった」って。やっぱりどうしてもイメージを持たれることってあると思いますし、僕が今まで演じてきたキャラクターがある中で、「小野賢章がやるってことはこういう感じかぁ」みたいな想像を裏切っていきたいという思いはあるので、まぁ良かったというか、「しめしめ」という気持ちではあります。ただ、僕にとっても挑戦ではあったので、これをきっかけに妖精役が増えたらいいなと思います(笑)。いろんな可能性というか、広がりがまたひとつ持てて良かったなという気持ちですね。

――こうやって反響があるのは嬉しいですよね。

小野:やっぱり嬉しいですね、「誰だかわからなかった」と言われるのは。人それぞれだとは思いますけど、僕は誰だかわからなかったと思われたら、それは勝ちだなと思いますし、嫌なやつの役をやっているときに、「こいつ嫌だな~」って思われたらやっぱりそれが一番良いと思いますしね。そういう感覚に近いかなという気はします。

――どんなところを意識して声の方向性を決めていったのでしょうか?

小野:まず、10歳でこの見た目でというところで、高いところかな、というのはなんとなく思っていて。その中でキーワードとして「約束」、そしてキャラクターの雰囲気としてはちょっと儚げで不思議な男の子ということだったので、まぁ、僕の持てる限りの儚げと言えばやっぱりちょっと声も息成分を多めに、ウィスパー気味な感じかなとかいろいろ想像しつつ(笑)。

最大限男成分は抑えてやりましたね。ただ、それがしんどいというところは全然なくて、僕自身はすごく楽しんでやらせていただきました。クローバーに近しい声色のキャラはあるんですけど、それよりもさらに、人間っぽくない感じを出せたら良いなと思ってやりました。

1 2 3次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy