体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『Catan VR』の配信が開始 ボードゲームの名作『カタン』がVR化

『カタン(Catan、日本国内では「カタンの開拓者たち」)』は、1995年に発売された無人島が舞台のボードゲームで、世界中に根強い愛好家が存在します。日本でも『モンスターストライク』を手掛けた岡本吉起氏がファンであることを公言しています。プレイヤーは無人島に入植し、開拓、最も繁栄したプレイヤーが勝ちとなるゲームです。

Catan VR – Launch Trailer(YouTube)
https://youtu.be/jATum8A-kXE

その『カタン』のVR版『Catan VR』の配信を開始したと、パブリッシャーのAsmodee Digitalが3月21日に発表しました。Oculus GO向けにも近日配信が予定されています。価格はOculus Rift向けが1490円、Gear VR向けが990円となっています。

『Catan VR』 Oculus Rift [リンク]
https://www.oculus.com/experiences/rift/1382388801879442/

『Catan VR』 Gear VR [リンク]
https://www.oculus.com/experiences/gear-vr/2027653017260426/

ボードゲームと言うと、“特定の場所に特定の人数が集まらないと遊べない”ものでしたが、『Catan VR』最大の特徴はオンラインで世界中のプレイヤーと対戦できるというもの。しかもOculus Riftユーザー対Gear VRユーザーの対戦が可能となるクロスプラットフォーム対応です。また、1人でもAI相手に対戦可能。日本語対応はされていないようなので、パブリッシャーに日本語対応の計画等についての取材を申し込んだのですが、3月19日から23日までの『Game Developers Conference 2018』(通称GDC)で多忙だったためか、3日以上経過しても返答がありませんでした。



https://twitter.com/AsmodeeDigital/status/976516843560165376
『GDC 2018』での様子がツイートされています。

対戦相手は素顔ではなくアバターで表示されます。

『カタン』などのボードゲームに限らず、麻雀、将棋、囲碁など人対人の対人ゲームの醍醐味はなんといっても読み合いだと思います。『Catan VR』では対戦相手がアバターで表示されるため、人間相手に腹の探り合いをしているリアル感は薄そう。とはいえ、オンラインでのマルチプレイ&クロスプラットフォーム対応になったことで、“特定の場所に特定の人数が集まらないと遊べない”というボードゲームのデメリットが解決されたことは大きいでしょう。

言語対応含め、今後のアップデートでどう変わっていくのか気になるところです。

※画像とソース:
http://pressreleases.triplepointpr.com/2018/03/21/explore-and-settle-the-isle-of-catan-in-full-virtual-reality-with-catan-vr-available-now/

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy