体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『トロン』のようなネオンカラーでカスタマイズした『The Green Machine』 持ち主は乱射事件の被害者だった

『ピンプ・マイ・ライド(Pimp My Ride)』というオンボロ車を改造する番組を良く観ていた時期もありましたが、日本で車を所有する必要性がない生活をしているうちに、すっかり最近の車事情に疎くなってしまいました。自動運転のニュースやら、最新の自動車のコマーシャルを見るたびに、「あ~、クルマの世界も進化してるのね」などと、すっかり他人事になっている今日この頃です。そんな筆者がビックリしたのが、SF映画『トロン』から飛び出てきたようなこちらの2015年型フォード・マスタング。

『Instagram』 the_green_machine_88 [リンク]
https://www.instagram.com/the_green_machine_88/?hl=ja

『ザ・グリーン・マシン(The Green Machine、以下、グリーン・マシン)』と命名されているこのマスタング、「本物かよ!?」と疑いつつ、持ち主へ取材依頼を投げてみたのでした。

すると、持ち主のジョシュ・リバーズ氏(Josh Rivers、以下、ジョシュ)から「取材オッケー」の連絡が。イタリア系とアフリカ系のハーフで現在29才の彼は、米アリゾナ州フェニックス在住のアメリカ人です。彼が2010年12月に米アリゾナ州フェニックスで起きた乱射事件で、脊椎に損傷を受け下半身麻痺となった被害者であることを聞いてさらにビックリ。

再び歩けるように現在リハビリ中とのことで、『グリーン・マシン』のナンバープレートに車イスのマークがついているのはそのため。足を動かすことができないので、『グリーン・マシン』を運転する時は片手でハンドル操作、もう一方の手でアクセルとブレーキを操るのだそう。「車の運転はビデオゲームを遊んでいるようなもの」と明るく笑う彼にインタビューしました。

―『グリーン・マシン』の改造はどれくらいの時間とお金がかかりました?

ジョシュ:完成までにはほぼ1年です。ダークグリーンに塗装し直して、トロンのようなラインを入れて、新しくホイール・LEDライト・カスタムインテリア・サウンドシステムなどを追加しています。全部で9000ドル(約94万円)くらい使いました。トロンのようなラインは手作業で綺麗に仕上げるのに1週間かかりました。肉体的なハンディがあるので、改造作業はApex Customsというカスタムショップにお願いしました。

―誰かが『グリーン・マシン』を売ってくれと言ってきたらどうします?

ジョシュ:売るのは難しいですね。『グリーン・マシン』はカスタムメイドの愛車だから、自分以外の人には運転して欲しくない。クレイジーな外見だし、緑って誰も一番好きな色とは答えない色なので、欲しい人がいるというなら逆にビックリですね。どうしてもということであれば、20万ドル(約2100万円)かな。この金額なら最新の足の治療費をまかなえるので。

―そもそも『グリーン・マシン』を作ったのはなぜ?

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy