体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

外はパリッ!中はモチッ!手軽なのに本格派『宋家秘伝 チヂミ粉』

韓国料理の定番メニューのひとつとして日本でも大人気のチヂミ。とはいえ、いざ家で作ろうとするとジャガイモをすりおろすのが手間だったり、小麦粉や片栗粉の配分が意外と難しく、なかなかお店のようにウマく出来ないという人も多いはず。でも『宋家秘伝 チヂミ粉』を使えば、本場韓国のチヂミが簡単に作れるらしい。というわけで、早速「野菜チヂミ」に挑戦してみた。

韓国食品の老舗「宋家ブランド」が手掛ける「チヂミ粉」

 

「宋家(ソンガネ)」ブランドは、主に韓国食品の輸入・販売を行う株式会社五星コーポレーション(埼玉県戸田市)の主力商品のひとつ。テレビCMなどで『宋家の冷麺』や『宋家のトッポキ』を目にしたことがあるかもしれない。

 

今回紹介する『宋家秘伝 チヂミ粉』のパッケージは、表面がマットな質感でお洒落なデザイン。チャック付きでマチがあり、自立可能。キッチンの片隅に置いても、生活感が出すぎないのも嬉しい。

今回は、商品パッケージの裏面に掲載されている調理方法を参考に、「野菜チヂミ」をためしてみることに。

まずはボールに粉をあけて、水、ニラ、ネギ、キムチを用意する。1~2人前の分量の目安としては、チヂミ粉100gに対して、水150ccほど。粉にもともと味付けがされているので、調味料を加える必要がない。

ダマになりにくく、滑らかなチヂミの生地がすぐ出来る!

粉と水をかき混ぜながら練り合わせる。ダマになるかと思ったら、あっというまに滑らかに。

生地にあらかじめ切っておいたニラ、ネギ、キムチを加え、さらによく混ぜ合わせる。

生地に具材が馴染んだら、熱したフライパンにサラダ油を大さじ1程度広げ、生地をお玉ですくって平らになるように流し入れる。フライ返しで押し付けながら、こんがりとキツネ色になるまでよく焼いて、生地のふちがパリッとなったら出来上がり!

見た目はお店のチヂミとさほど変わらない。では、気になるお味の方は・・・?

 

外はパリッと、中はモチモチッ!

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。