体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[AJ2018]平田広明・梶裕貴ら声優陣にのんも登壇『NETFLIX アニメ祭!スペシャルステージ』レポート

0324netflix

世界最大級のオンラインエンターテインメントサービスを提供するNetflixが、東京ビッグサイトで開催中の国内最大規模のアニメの祭典 AnimeJapan 2018(3月22日~25日開催)に初出展。

3月24日(土)には、【NETFLIX アニメ祭!スペシャルステージ】と題し、中澤一登監督と Production I.G がタッグを組んだ『B: The Beginning』(全世界独占配信中)より平田広明さん、梶裕貴さん、村田和也監督とボンズがタッグを組んだ『A.I.C.O. Incarnation』(全世界独占配信中)より白石晴香さん、小林裕介さん、コミック誌「月刊ヒーローズ」で連載中の『ソードガイ 装刀凱』を基にした『ソードガイ The Animation』(全世界独占配信中)より上村祐翔さん、梅原裕一郎さん、また第40回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞をはじめ、世界各国でも高い評価を受けた映画『この世界の片隅に』( SVOD独占配信中)より、のんさんなど注目のアニメ4作品から豪華ゲストが来場し、トークを繰り広げました。

AnimeJapanに初出展したNetflixのステージ会場では、開始前から豪華登壇者を心待ちにする約1,000名の観客が盛り上がっていました。

いよいよイベントが始まり、オープニング映像と共にキャストが登場すると、会場はさらに盛り上がります。全員がステージに登壇すると、平田さんが「僕は朝にNetflixブースでもステージ登壇しましたが、朝イチだったのでお客さんが眠そうでした。もうお昼だから、お腹いっぱいになって……」すると、梶さんがすかさず「また眠いんじゃないですか(笑)、くだけたスタートですね。今日は宜しくお願いします」と突っ込みながらご挨拶。和気あいあいとイベントが始まりました。

続いて作品の見どころを、作品ごとに質問。

0324netflix_animejapan2018_hirata_kaji

『B: The Beginning』
平田さんは自身の役柄について「僕が演じたのはキース・風間・フリックという天才。本人も天才と思っている男です。」と説明すると、梶さんは「僕が演じた黒羽(こくう)は、静かな少年ですね。変身する能力があって、誰かを探し求めているんですね。途中からキースも絡んできて謎が次第に明かされていく。海外ドラマみたいな作品です。Netflixで全話観られます!」と力強くアピール。その熱弁ぶりに、平田さんは「うまいですね~」と感心していました。

animejapan2018_shiraishi_kobayashi

『A.I.C.O. Incarnation』
白石さんは見どころについて、「個性豊かなキャラクター達が、葛藤していろんなハードルを乗り越えながら、あるところを目ざして旅をする。バーストという大きな事故が起きてしまうのですが、私が演じたアイコは、事故の原因というか……一番の鍵を握る人物です。本人はごく普通の女の子で、巻き込まれ型なんですよ」と説明。小林さんは、「僕が演じた神崎雄哉は、事件が起きたきっかけが君なんだよとアイコに伝える。宣伝のコピーにもなっていますが、“今の君、人間じゃない”とストレートにズバズバ言うような人ですね。常にミステリアスで、大事なことは言うけど、細かいことは説明しない。どんどん危険な場所に行って、この人なんなんだろう……?って感じですね」と語りました。

1 2 3次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。