体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

どちらがよりポップコーンなのか『マルちゃん マイク・ポップコーン 焼そば バターしょうゆ味』『同 バターしょうゆ味ワンタン』を食べ比べ!

日本では定着しにくいポップコーンブランドの中でほぼ唯一の存在である「マイク・ポップコーン」。バター感を豊かに感じるアメリカンな味わいに、ファンも多い。だがその味わいを焼きそばで、さらにワンタンで再現しようというのは大冒険。なので話題沸騰の『マルちゃん マイク・ポップコーン 焼そば バターしょうゆ味』『マルちゃん マイク・ポップコーン バターしょうゆ味ワンタン』、そのどちらがポップコーン味を再現しているのか検証してみた。

ポップコーンの味わいというよりも、バターしょうゆ味の焼きそばという新たなる可能性を大きく広げるチャレンジングな2品!

「マイク・ポップコーン」は、他に「ドリトス」「チートス」「元祖たこ焼き亭」などのブランドを抱えるカルビー傘下のジャパンフリトレーによる今年60周年を迎えるポップコーンスナック。カルビーがポテトスナック・メーカー(※「かっぱえびせん」を除く)なので、そのコーンスナック部門ともいうべき存在感のメーカーだ。そして「マイク・ポップコーン」はアメリカンなパッケージと裏腹に、なぜか定着したのは塩味を差し置いてバターしょうゆ味。コンビニで見かけるのも、ほぼこれだ。

実はノンフライ仕上げ

 

そんなジャパンフリトレーと今回コラボレーションしたのは、東洋水産(マルちゃん)。焼きそばとワンタンを「マイク・ポップコーン」味に仕上げるという暴挙に出た。ワンタンに関しては、即席カップ「ミニワンタン」を中心にしたマルちゃんの主力商品。ただ焼きそばに関しては、チルド商品の「マルちゃん焼そば 3人前」は有名だが、カップ焼きそばはピンと来ない人もいると思う。

ワンタンはともかく、『マルちゃん マイク・ポップコーン 焼そば バターしょうゆ味』は焼きそばだという旨はメインロゴ右下に小さくしか入っていないので、一瞬焼きそばかどうか迷う

 

「焼そばバゴォーン」は東北・信越地方、「やきそば弁当」は湯切りの湯をスープにして飲むという構成は画期的だが北海道地方限定と、西日本に行けば行くほど馴染みがないから。ただ今回はソース味ではなくバターしょうゆ味の焼きそばなので、ソース焼きそばノウハウはあまり通用しない気もする。

 

 

それではポップコーン味を再現した2品を食べてみよう。

 

東洋水産『マルちゃん マイク・ポップコーン バターしょうゆ味ワンタン』

35gうちワンタン26g・希望小売価格 税抜108円・2018年3月19日発売

 

まずはお手軽なワンタン製品から。マルちゃんの「ワンタン」は昔から根強い人気。近年では「ミニワンタン」がお弁当のお供のスープ的立ち位置で再認知されたことで、その存在感は強い。

フタをパカっと開けると、おなじみの乾燥ワンタンとかやく袋(コーン、ねぎ、挽肉)とスープ袋。投入するお湯は熱湯で。湯戻りしにくいワンタンは、沸騰したお湯で全体的にワンタンを濡らしながら入れることで、より美味しく完成しやすい。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。