体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「弟子入りするとまずダンカン!」どうなる!?オフィス北野のルール!!

708523ac64fe29fbc225444d6d679e49_s
売れっ子芸能人が多数所属する芸能事務所には、その事務所ならではのちょっぴりおかしな珍ルールが存在するのだという。今回はそんな各事務所の珍ルールを集めてみた!

【人力舎のルール】「月収1000万を超えると独立」

事務所の珍ルールとして柴田英嗣(アンタッチャブル)が語っているのは、人力舎は月収1000万円を超えると独立を勧められるというルール。売れっ子がいると自分の遊ぶ時間がなくなるという先代社長の考えがその理由。過去にシティボーイズ、B21スペシャルがこれで独立したという。

【ホリプロコムのルール】「株主総会でタレントが接客」

ホリプロコム所属の小原正子によると、かつてホリプロは株主総会後のパーティーで屋台を出し、タレントが接客していたという。最後にタレントがサインボールを壇上から投げるのだが、相方のくわばたが投げたボールがフカキョンの後頭部を直撃し謝罪したとか…。

【オフィス北野のルール】「弟子入りするとまずダンカン」

オフィス北野の芸人育成法は、弟子入りするとまずダンカンの付き人になる。ダンカンは鬼軍曹として知られ、水道橋博士は付き人時代に命令されて、テレビ局に1週間、剣道着で通ったという。ギャラの分配は、オフィス北野は新人が5:5から始まって、たけし軍団がタレント7、事務所3。
【出典】2015年1月10日「週刊実話」

いかがでしたか。おそらく本当だと思われる、各事務所の知られざるルール。たけしさんの独立で「弟子入りするとまずダンカン」というオフィス北野のルールがどうなってしまうのか…森友問題よりも気になってしまう人続出かもしれない。

【Nicheee!編集部のイチオシ】

元重量挙げ世界一グラドル!伏美亜里紗の「バーベル“美”より」#2 ~パワーリフティングのいいところ~
元重量挙げ世界一グラドル!伏美亜里紗の「バーベル“美”より」#1 ~ウエイトリフティングとパワーリフティングの違いって?~芸能人のギャラってやっぱすごいの・・・!?

Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。