体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お名前つけから風邪予防まで!リアルに役立つ通園グッズ【サクライクvol.9】

お名前つけから風邪予防まで!リアルに役立つ通園グッズ【サクライクvol.9】

保育園&幼稚園の入園準備、こまごまと大変ですよね。1歳児から保育園に通わせている我が家の、使ってよかったグッズをご紹介します。

寒さの底もすぎ、春のきざしが見えてきました。4月から保育園&幼稚園ライフが始まるという方も少なくないはず。0歳児では涙を呑んだけれど、運よく1歳児から保育園に入れた我が家も、早いもので通園2年目に突入します。

そこで今回は、入園準備でそろえたいアイテムをご紹介。各園のルールを確認しつつ、ご覧ください。

 

膨大な“名前つけ作業”はスタンプで乗り切る

入園前に手がかかる準備といえば、あらゆるものへの名前つけ。お洋服やハンカチはもちろん、おしりふきのパックやおむつ1枚1枚に至るまで、すべてにフルネームの記名が必要です。手書きなんて到底無理なので、スタンプが欠かせません。

▲個人情報保護のためにレタッチで苗字を消したら、ちょっと間が抜けて見えます。ビッグスタンプは楽天、ミニスタンプはハンドメイドマーケット『minne』にて。

物のサイズに合わせて使い分けられるように、ビッグとミニの2種類。ビッグは主におむつやおしりふき、ミニはお洋服のタグやコップなどに使っています。

しかし、大きな名前スタンプ、全然かわいくない。せめて洒落たフォントを探したけれど、ぽんぽん捺せるスタンプタイプではなかなか見つからず……。このサイズで恐竜やボールなどのアイコンを入れるのも、苦しまぎれ感がすごい。ということで、シンプルな大判スタンプになりました。

その代わり、ミニサイズはちょっとしたデザイン入りをチョイス。紳士に育ってほしいという想いをなんとなく込めて、ヒゲのイラストを選びました。タグに捺すと、結構かわいいです。

▲おむつにビッグ、お洋服のタグにミニを捺すと、こんなかんじ。こちらも苗字は消しております。

 

最初の通園バッグは、大人に合わせて

通園バッグというと、子どもが好きなキャラものやお稽古バッグのようなものをイメージしがち。でも、0~2歳くらいのお子さんなら、持つのはほとんど親です。なので、デザインも大人に合わせてOKではないでしょうか。

息子の通う保育園の場合、毎日持ち運ぶのは着替えセットと連絡帳、エプロン2枚、タオル3枚。普段は、雑貨屋さんで買った布トートに入れています。月曜と金曜は毛布やシーツ、お散歩用の上着や帽子なども入れなければならないため、DEAN & DELUCAの特大トートバッグを使用。

どちらも私が使うために買ったもので、子ども用にわざわざ用意したものではありません。そのうち、息子がばっちり持ってくれるようになったら、彼の気に入るバッグやリュックにしようかなと思っています。

▲たためる布トートはかさばらないため、子どものロッカーの中で場所をとらないのがいいところ。Lサイズのおむつと大きさを比較してみました。

 

食事エプロンも使い分けると便利

息子の通う園では、ランチとおやつにそれぞれエプロンが必要になります。ランチはスープなども出てくるので、こぼし対策にシリコンビブが便利。おやつは薄手のポケット付きにしています。

シリコンビブは洗えばすぐにまた使えるため、1枚あればいいかと思ってしまうけれど、絶対に2枚用意すべき。ランチで汚れたビブを、帰宅後すぐに洗って夕食で使う……そのひと手間が、ワーママ・ワーパパを苦しめます。
自宅用と保育園用を1枚ずつ用意しておくと、帰宅後はすぐにきれいなビブが使えるし、寝る前に2枚とも食洗機につっこめばOKなのです。

1 2 3次のページ
Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。