体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

影絵の街を”嵐のごとく”翔け抜けろ。タイムアタック・プラットフォーマー『ARASHI』プレビュー

image6
 
今回紹介する『ARASHI』はフランス・モンペリエのVFX専門大学校「ArtFX School」の学生チームの制作による2Dアクションゲーム。Unreal Engineを用いて制作されている。
2017年12月に開催されたフランス・トゥールーズでのゲームショーで公開されたのち、2018年2月よりitch.ioにてデモバージョンがダウンロード可能となっている。

ダッシュ&ジャンプをなめらかに使いこなせ

// ARTFX OFFICIEL // Jeu vidéo – Arashi – Trailer from ArtFX OFFICIEL on Vimeo.

『ARASHI』はサイバネティックな加速装置を用いたフリーランニングに挑む横スクロールアクションゲーム(プラットフォーマー)で、敵との戦闘や探索要素などの存在しない純然たるタイムアタックアクションとなっている。
穴に落ちる、壁に挟まれる等の場合は手前の地点に戻るのみでゲームオーバーは発生せず、ゴールに辿り着けばステージクリアとなり、タイムが記録される。
 
image1
 
ゲームコントローラ使用時は左スティックで移動、ボタンで2段まで可能なジャンプと空中ダッシュ、トリガーで地上ダッシュ(ラン)を行う。空中ダッシュは連続3回まで行うことができ、回数は画面右下の加速装置のエナジーランプで確認できる。往く手を阻む窓ガラスは空中ダッシュで体当たりすることで突破可能だ。
また、壁に張り付いた状態からジャンプボタンで壁蹴りを行い、高所へ登っていくことができる。
 
image9
 
加えて、地上ダッシュ状態からジャンプを行うことで、通常のジャンプよりも高く、爆ぜ上がるような加速のついた「スーパージャンプ」となる。スーパージャンプは「2段ジャンプしてから空中ダッシュ」といった動作と比べてスピーディに移動することができるため、是非マスターしたい。微細ながらも本作の操作感覚に大きく寄与している点として特筆しておきたいアクションだ。

時間を縮めるはタイムレコードのみにあらず

image3
 
装備している加速装置には時間制御の機能も存在している。5秒間のスローモーションを発動できるほか、地上ダッシュボタンとの組み合わせでエナジーランプをひとつ消費してより強力な時間停止(フリーズ)を発動することもできる。
 
image4
 
時間制御が解禁されてからは、ONになっている時間が極端に短いスイッチや、高速で市街を走る列車が登場する。スイッチを入れてもすぐに閉じてしまうドアロックを潜り抜けなければならない場合や、猛スピードで走る列車へ合間を縫って飛び乗る場合など、スローモーションやフリーズなどの時間制御を活用する必要が出てくるだろう。

都市と自然の狭間のメトッド・ナチュレル

1 2次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。