体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

iPadユーザー必見! スタンドやホルダーとして使える「TabStrap」が便利そう

スマホより大きな画面であることを生かして、iPadでスケッチやデザインをする人は多い。しかし、意外にiPadの持ち方や置き方が難しかったりする。

そこでドイツのスタートアップが開発したのが「TabStrap」。デスクでスタンドとして、あるいは手に持つホルダーとして、あらゆるシーンでiPadを使いやすくしてくれる。

・リングにして手を通せる

TabStrapは、iPadの背面に吸引テープでくっつけて利用する。ストラップをリング状にし、そこに手を通すことでスケッチブックのような感覚でiPadを片手に持つことができるようになる。

吸引テープは背面を広く覆うタイプで、ぴったりとくっつき8キロまで持ち上げられるほどの強力さ。しかも、接着テープではないので、はがしても跡は残らない。

・ペンシルも一緒に携帯

また、ストラップにはスケッチなどに使うことが多いAppleペンシルも携帯できるので、必要なときにさっと取り出せる。

加えて、TabStrapではストラップをスタンドとして利用できるものも売っている。垂直に近い角度に立てたり、机に寝かせるようにしたりと、映像鑑賞やデッサンなど用途に合わせて使い方を選べる。

TabStrapは現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで資金調達を展開していて、今なら69ユーロ(約9000円)の出資で入手できる。すでに目標額は達成し、出資を4月27日まで受け付けたのち、5月にも発送が始まる見込みだ。

TabStrap/Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。