体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

街乗り用のコンパクトEVカー「Eli ZERO」、プレオーダー受け付け開始

車で遠出は滅多にせず、毎日の通勤や買い物、友人宅の訪問に使うくらい、というのであれば大型でタフな車でなくてもいい。

そんな人のための電気気動車が、「Eli ZERO」だ。2人乗り用の小型車で、スクーター感覚で乗り回せる。この街乗りEVカー、このほどプレオーダーの受け付けが始まった。

・最高速度は時速40キロ

写真を見ればお分かりの通り、Eli ZEROは2座席、後部に荷物スペースが少しだけ、というかなりコンパクトな車だ。遠出したり高速を走ったりしないことを前提にデザインされていて、最高速度は時速40キロとなっている。

航続距離も基本モデルが89キロメートル、より大きなバッテリーを搭載するモデルでも137キロメートルと、電動アシスト自転車のようにこまめに充電しながら使用する感じだ。

・自動ロック解除システム搭載

しかし、Eli ZEROは電気で走るただのコンパクトカーというわけではない。最新のテクノロジーも散りばめられていて、たとえば搭載する回生ブレーキでエネルギー効率を最大化している。

また、駐車を手助けするセンサーシステムや、ドライバーが車に近寄ったら自動でロックが解除されるシステムも搭載し、毎日のカーライフが快適になるよう設計されている。

・価格は100万円前後

加えて、Eli ZEROは価格も魅力だ。電気自動車は全体的にまだ高め設定が多いなかで、Eli ZEROの小売価格は9900ドル(約104万円)〜1万900ドル(約115万円)を予定。しかもプレオーダーでは100台限定で7700ドル(約82万円)となっている。

Eli ZEROは来月にもクラウドファンディングサイトIndiegogoに登場する予定で、今年12月の納車を見込んでいる。

Eli ZERO

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。