体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

さかなクンが大喜びしそう 『カニノケンカ(Fight Crab)』とか海産物(シーフード)に特化したゲーム開発者のお話

「最後の晩餐に何を食べたい?」と聞かれたら、「タラバガニの炭火焼!」と即答する人は筆者だけではないと思います。そんなカニ好きな人が燃えそう(萌えそう!?)な『カニノケンカ(Fight Crab)』というゲームが開発中だということをご存じでしょうか? 開発しているのは“Nussoft(ヌッソフト)”名義で活動する個人ゲーム開発者、大貫真史氏(以下、大貫氏)。

大貫氏は大学卒業後、コンシューマゲーム会社に5年ほど勤務し、趣味で開発した『エース・オブ・シーフード(ACE OF SEAFOOD)』のリリースを機に会社を退職。以降、本業として個人でゲーム開発をしている方です。大貫氏のゲームに共通する最大の特徴は、キャラクターが“海産物(シーフード)”という点です。そんなユニークな世界観のゲームを開発し続ける大貫氏に話を聞いてみました。

FightCrab(YouTube)
https://youtu.be/5v1wEvmaf80

―Nussoftのウェブサイトには「ビデオゲームを開発している個人」との記載がありました。ゲームを個人開発するメリット・デメリットを教えていただけますか?

大貫氏:基本、一人でゲーム部分を作っていますが、音楽や3Dモデルは個別に人に依頼して作ってもらったりもします。メリットは開発費がなくてもスタッフがいなくてもゲームが完成することです。デメリットは個人の癖が出すぎることと、大きい仕様のゲームは作りにくいということです。

―海産物(シーフード)に特化したゲームを開発しているのは、何か特別な理由でもあるのでしょうか? 他に海産物ゲームに特化した開発会社や個人開発者はいるものなのでしょうか?

大貫氏:彼らが身近な野生動物だということですかね。家畜化されていない海という野生の世界から運ばれ、私たちはそれを食べている。何時も触れているけど別の世界で生きているという距離感が、創作のテーマにしやすいと思ってます。あと見た目がかっこいいですね(重要)。他に海産物に特化した開発者は知らないです。多分そんなコミュニティもないんじゃないでしょうか。

―『カニノケンカ』を開発しようと思い立ったきっかけは?

大貫氏:シューティングゲームを作っていて“生き物の形”への表現力に限界を感じたことです。ゲームはどんな形の生き物でもHPや攻撃力・弾丸といった要素に分解・一般化してゲームシステムへ取り込んでしまいます。それは優れた点でもありますが、同時に“形”の意味を薄れさせてしまいます。今回は“カニの形”を活かしたかったので、最も体をつかう“格闘”をテーマに選びました。

―『カニノケンカ』の基本的なスペックを教えていただけますでしょうか?

大貫氏:数的な仕様はまだ決まってませんが、いくつかステージがあって、勝ち進むと自分のカニを鍛えることができます。筋力や体重や移動速度などが向上します。より強いカニに勝つために鍛えたり、武器をマスターしたりしていきます。

―『カニノケンカ』はいわゆる“カニの格ゲー”でしょうか?

大貫氏:「カニ」「格闘」「ゲーム」という言葉通りであればそうですが、いわゆるゲームジャンルとしての「格闘ゲーム」とは全然ちがうので、そう理解すると期待と違ったものが出てくると思います。手足を操作するという点では『リモートコントロールダンディ』っぽいですが、物理演算で試合が決するので最近の作品だと『Gang Beasts』にも近いかと。「格闘アクション」ぐらいが穏やかな分類ですね。

―「ゲームジャンルとしての“格ゲー”とは全然ちがう」ということですが、普通の「格闘ゲーム」と違うのは具体的にどういった点でしょうか?

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。