体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

水戸偕楽園の梅まつり&真壁のひなまつりをハシゴ!春の茨城へ

水戸偕楽園の梅まつり&真壁のひなまつりをハシゴ!春の茨城へ

花はいい。心が和むから。
こんにちは、最近ちょっとお疲れ気味なライター仲島です。

めっきり暖かくなり、寒がりの私も、ぼちぼち活動的になってきました。そんな時に舞い込んできたのが「今、梅がアツいらしい」という情報。

いいじゃないですか! 花をめでてちょっと癒やされたいし……。そんなわけで、2月17日~3月31日に開催されている「水戸の梅まつり」へ行ってみることにしました。

せっかく茨城まで行くならと調べてみたところ、3月3日まで「真壁のひなまつり」が開催されているとのこと。これはもう欲張って両方行っちゃいましょう。

少し早い春を訪ねて。水戸の梅まつりへ!

JR東京駅から特急で約1時間半。到着したのはJR水戸駅。茨城って遠いイメージがあったんですけど、乗り継ぎもなく、1本でサクッと来られました。
街には「梅まつり」のポスターやのぼりがいっぱい。春の風物詩とあって、プッシュぶりがすごい。これは期待が高まりますね。

「弘道館」からスタート

弘道館正門

国の重要文化財に指定されている、弘道館の正門

まずやってきたのは水戸駅から徒歩8分の「弘道館」。江戸時代後期、水戸藩士が“文武を学ぶ場所”として作られた藩校です。武芸はもちろん、医学や天文学など、いろんな学問が学べたそう。今でいう総合大学のようなところですね。

梅の名所としても有名で、梅まつりの会場になっています。敷地内には約60種800本の梅が植えられているそう。入り口でチケットを買って、さっそく中へ。咲き乱れる梅たち、待ってろよ~。

門をくぐると、目の前には、想像以上にすごい光景が広がっていました。

弘道館 梅

ん?

弘道館 梅

あれ??

梅、咲いてない。全然咲いてない。五分咲きとかのレベルじゃなくて、まだつぼみだし。

弘道館 梅 想像図

期待していたのはこういうの。

弘道館 梅 実際の姿

で、実際はこう。そこはかとなく哀愁さえ漂う。

例年であれば見頃の時期を迎える2月下旬だったのですが…。
係の人に聞くと、どうやら今年は寒波の影響で開花が遅れているのだとか。まじか。

行きたい気持ちがはやりすぎて、フライングしてしまったようです。よい子のみんなは、開花情報を見てから行こうな。
弘道館正庁

1 2 3 4次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。