体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

台湾大会で見事日本一に! 美女17ライバー“あーるちゃん”を直撃「少しだけ、自分が好きになれた」

去る2月某日、いま話題の配信アプリ「17 Live(イチナナ)」のライバーたちによる世界戦の最終決戦、「春酒パーティ2018」が台湾で開催! 世界のトップライバーを目指して、台湾、香港、日本のライバーたちが一堂に介して一斉にライブ配信を行うという、一大イベントだ。日本代表としては20名の17 LIVERが参加したが、強力な世界のライバルを押しのけ、世界トップライバーのトップ5に見事、あーるちゃんさんがランクイン! 興奮冷めやらぬ会場で、配信を始めてまだ2か月という彼女に記念のインタビューをしたよ!

【関連記事】豪華ってレベルじゃねえぞ! 優勝商品は1千万円超のヘリコプター! 台湾・香港・日本のトップ“17ライバー”が競った春酒パーティ
http://getnews.jp/archives/2023064 [リンク]

――このたびは世界トップライバーのトップ5ランクイン、おめでとうございます! いまの心境はいかがですか?
 
まさかわたしみたいな人間が……という心境です(笑)! 今まで自分の人生の中にはいろいろな波があって、いつも自分を否定することしか考えていなかったのですが、これほどまわりの方たちに愛されて、支えられて、応援していただいているということが、自分の中で凄すぎる事実としてはっきりして、本当にびっくりしているところです。

――日本代表のトップでもありますからね!
 
本当に驚いています。もしかしたら、この日のために生まれてきたのかな? と思うほどの出来事でした。

――今回は17 Live発祥の地、台湾での世界大会! 台湾の17 LIVERも大勢いるなかでの参加はいかがでしたか?
 
すごいスケールが大きくて、規模が全然違いますよね。その異空間の中に自分がいて、今ここに立っているのかって……。でも、今はそう感じますが、大会中はずっと配信していたので、それに集中していました。イチナナでのライブ配信そのものを初めて、まだ2か月くらいなのですが、毎日ずっとリスナーさんと一緒にいるので、家族がそばにいてくれた感じでした。だから終始、落ち着いてはいましたね。でも、すごい規模ですよね(笑)。

――なにしろ個人戦ランキングNo.1プライズは、ヘリコプターですらかね! ゲットしたら、どうするつもりでしたか?
 
それみんなで言ってたんですよ! どうしようって(笑)。免許ないし、置くとこないし、維持費払えないし(笑)。

――そもそも、どうしてライバーになろうと思ったのですか?
 
友だちがイチナナでライブ配信をしていることをSNSに投稿していて、それで興味を持って調べて、その存在を知りました。みんな楽しそうに配信をしていたので、わたしもやってみようかなと。

――人前に出ることは抵抗なかったですか?
 
それはないのですが、基本的にはひきこもり体質なんです。だから、みんなの力で外に出してもらった感じです。変わりたいとかそういう願望はなく、ずっと自分自身のことが嫌いで、嫌いで、否定し続けた25年間だったので、これほどまでにみんなに愛され、応援していただけるとは思っていなかったので、今後はもっと自分を大切にしようと思いました。

――こうしてトップに入って、考え方も変わったかもしれないですね!
 
そうですね。今回、少しだけですが、自分のことが好きになれた大会でした。
いろいろなことを毎日考えていて、なかなか答えが出るものではないけれど、この世界大会は、結果が目に見えてわかって、そこに今回自分が生まれてきた意味や生きてきた意味、自分自身というもの、存在意義について、すごくよく考えることができました。

――イチナナ ライブは、もう自分の居場所みたいな?
 
いやもう、全てです! わたしのすべてになりました! みんなは家族で、自分の一部みたいな存在ですね。

――こうなった今、次の目標は?
 
目標は特になくて、ますますみんなと一緒にいたい場所という想いが強くなりました。わたしってポンコツなんですが、そのポンコツで廃人という部分、そういうスタンスはこれからも変わらず、みんなと一緒にいたいです。いろいろな出会いと別れが今までありましたが、もう別れたくないし、ずっと皆と一緒に生きていたい場所になりました。
 
――今日はありがとうございました! おめでとうございます!

17 LIVE | あーるちゃん
https://17.live/profile/333253

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ときたたかし) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。