体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ガツン感を強化した冷涼ビール『アサヒスーパードライ 瞬冷辛口』、史上最大のソーシャル・フェス開幕だっ!

アサヒビールの“絶対的エース”「アサヒスーパードライ」。昨年、発売30周年を迎えたが、それを記念した特別限定醸造商品『アサヒスーパードライ 瞬冷辛口』が期間限定で発売された。その「瞬冷辛口」がレギュラーになって帰ってきた! 発売に合わせ、アサヒビール史上最大規模のSNSデジタルプロモーション「瞬冷 Social FES(ソーシャル・フェス)」が2日間限定で開催される。どんなフェスなのか、直前情報をレポートしよう!

楽しそうなコンテンツいっぱいのソーシャル・フェス

「アサヒィ スゥプァードゥラァァァイ!」というテレビCMが一世を風靡したのは、「アサヒスーパードライ」デビューの1987年。作家の落合信彦氏が出演し、ジョン・ウォーレンのCMソングを思い出すのは記者だけではないはずだ。そんな「アサヒスーパードライ」も去年、発売30周年を迎えた。それを記念した期間限定商品『アサヒスーパードライ 瞬冷辛口』(350ml缶/500ml缶・実勢価格税込約193円・2018年3月13日発売)が、さらに冷涼感を強化してカムバックする!

アサヒビール史上最大規模の景品総額となる「瞬冷 Social FES」

「アサヒスーパードライ 瞬冷辛口」の発売に合わせ、アサヒビール史上最大規模の景品総額となるキャンペーン瞬冷 Social FESが3月13、14日の2日間展開される。なお、このフェスにはスマートフォンからしか参加できないので注意が必要だ。

 

このソーシャル・フェスは3月13日0時から48時間にわたって開かれるキャンペーン。LINE、Twitterユーザーを対象にしたデジタルイベントで、参加者全員がもれなくもらえるデジタルコンテンツコーナーや、抽選でさまざまな景品が当たるゲーム、コンビニで使える割引チケットがもらえるデジタル屋台、SNSフォトコンテストなど、大盤振る舞いの2日間なのだ!

楽しそうなコンテンツが並んでいるぞ!

しかもイメージキャラクターは、なんとジョニデ(ジョニー・デップ)。もう本気度がまるで違うといった感じ。ちなみに新キャストに目下一番人気俳優・高橋一生の起用も決まっているとか。

これだけのキャンペーンを打つということは、アサヒビールはそうとう「アサヒスーパードライ 瞬冷辛口」に自信を持っているのだろう。それでは、どれほどの味なのか、実際に飲んで確認してみよう。

含まれる糖質は2.5g(100mlあたり)と、通常のビールが3.5g程度なのに比べて低めとなっている。エネルギーも41kcalと一般的なビールの80%程度という。これが、スッキリとした味わいにつながっているようだ。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。