体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「私が女だったら、たとえ姉弟でも言い寄って思いを遂げただろう」 幼いプリンセスの結婚相手を巡る新たな騒動の始まり ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

来年の40歳イヤーに向けて!源氏『准太上天皇』に

子どもたちの結婚を見届けた光源氏、39歳。「それぞれ独り立ちして安心した。ここらで出家をしようか」などと考えます。当時の感覚からすれば40歳は立派なおじいちゃん。そろそろ仏道修行に励んで来世のことを祈る、終活にも力を入れたいところです。

世間でも源氏40歳を祝うさまざまなイベントの準備が進んでいますが、それに先駆けて冷泉帝から源氏に『准太上天皇』の位が授けられました。かねてより父の源氏よりも自分が上の立場にいることを心苦しく思ってきた、帝からのプレゼントです。

『准太上天皇』は退位した天皇(太上天皇)に準ずる位、というものすごい立場なわけですが、実在しない、架空のポジションです。

帝としては出来ることなら皇位を譲りたいのが本音ですが、それが無理ならこれでなんとか、とひねり出したらこうなった。源氏は、立派になりすぎてますます気軽に動けない立場になったことだけが少し残念でした。

これにより源氏は臣籍を離れ、上皇と同等の格式を有することに。源氏のための予算と手当がつけられ、専任の担当官もつきます。源氏が幼い頃、高麗(朝鮮半島)から来た人相見が「臣下で収まるわけでもなく、かといって帝になると国の乱れが起こるでしょう」と予言したのと合致します。

というわけで、作中での彼の呼び名は住まいにならって『(六条)院』と変化していくのですが、面倒なので引き続き源氏で通したいと思います。

思い出の詰まったおばあちゃんの家で、夫婦の新生活

太政大臣職には頭の中将が昇格し、夕霧もついで中納言に。いろいろ物入りになったので、この機会に新婚夫婦はお引っ越しです。かつておばあちゃんと過ごした三条の邸をリフォームして、そこで暮らすことにしました。

懐かしい思い出の詰まった邸。夫婦の会話も自然とあの頃の話になります。しかし夕霧は雲居の雁の乳母にバカにされたのをまだ根に持っているらしく「まさか浅葱色が濃い紫色(=中納言・三位の色)に変わるとは思ってなかったんだろうね」と、ここで報復。プライドの恨みは怖ろしいですね。

しかし乳母はおばさんらしく、しれっと「いえいえ!将来立派になられるのは当然と思っておりましたよ」。よく言うわ~!

更にこの秋には六条院に冷泉帝と朱雀院のW行幸があり、紅葉を愛でながらの優雅なひとときとなります。そこで頭の中将の末っ子が可愛らしく舞うのを見て、源氏から出た感想は「私たちもいつだったか、2人で青海波を舞いましたねえ……」

娘や息子が勢いづく中、老いを感じるのはかつての若者たち。朱雀院、源氏、頭の中将と、物語前半を引っ張ってきたキャラたちはここで一様に、来し方行く末を思うのでした。

俗世を離れる前に……愛する娘の将来を悩む父

さて、朱雀院は六条院から帰った後、体調不良で寝込みます。もともと病弱でしたが、今回ばかりは特に不安を感じて「もう長くないかもしれぬ。母上(弘徽殿太后)がいらっしゃった時は遠慮してしていたが、やはり出家しよう」と決意。

とにかく、たとえ1日でも出家して功徳を積めば来世の救いにつながると信じられていた時代、俗人は死期が迫ったときこそ焦るのですね。

俗世を離れるにあたり、気がかりなのは子どものことです。朱雀院には皇太子のほか4人の皇女がいました。中でも特に可愛がっていたのが第三皇女・女三の宮(おんなさんのみや)です。

年齢は13~4歳。彼女の母は、あの藤壺の宮の異母妹で、藤壺女御と呼ばれた人でした。朱雀院が皇太子時代に後宮入りしたのですが、朧月夜がやってくると日陰の身になってしまい、宮を出産後に亡くなります。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。