体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ヒーローの座を守るための過激な防衛戦!爆裂魂特盛の演出で送るアクションゲーム『Bleed 2』

「ヒーローになりたい!」
「でも、昔のヒーローが今も現役だからなれない…。」
「そうだ!全員ぶっ殺しちゃえ!♪
 
image12
 
そんなオツムは残念だけど、戦闘能力は一級の少女「Wryn」によって21世紀のヒーロー達は肉片一つ残らず鏖殺され、彼女が22世紀を象徴する新しい暴君……もとい、”さいきょうのヒーロー”としてその頂点に立った。
 
image18
 
だが、新たなヒーローが誕生すれば、その座を狙う挑戦者が現れるのが世の常。
 
image10
 
かくして、ヒーローの座を防衛するための戦いの幕が開いた!
 
image16
 
Xbox LIVEのインディーズゲームとして誕生後、PCを始めとする様々なプラットフォームに移植されて好評を博したアクションゲーム『Bleed』。その続編がここに参上だ。

前作同様に制作はカナダ・トロント在住の個人開発者Ian Cambell氏。2017年2月にPC(Windows、Mac、Linux)用ソフトとして、ゲーム配信プラットフォーム「Steam」にてリリースされた。
今回はPC版が先行し、コンシューマ版は2018年2月にPlayStation 4、Xbox One向けにリリース。同年3月にはNintendo Switch版のリリースが予定されている。(※いずれも海外限定)

ドッカンバッキンな進化を遂げた爽快感重視の続編!

image2
 
内容は前作と変わらない。銃火器と周囲の動きを遅くする「スロータイム」の特技を駆使する少女「Wryn」を操作し、迫り来る敵をバタバタ倒してボスの撃破を目指すステージクリア型のアクションシューティングゲームだ。

(Xbox360コントローラにおけるアサインだが)左スティックで移動、右スティックで射撃、RTボタンでジャンプ、LTボタンで「スロータイム」の独特な操作性も前作を踏襲。
四種類の難易度、本編の「ストーリー」にコンティニュー不可の厳しい条件下で全ステージ攻略に挑む「アーケード」と言ったゲームモードのラインナップもそのままだ。

前作からの変更点としてはアップグレードシステムの廃止。ステージクリアの際に手に入る「ポイント」を消費して追加の武器を購入したり、体力などのステータス強化を行えなくなった。
 
image1
▲評点の仕組みも変更。Sを上回る評価も追加されている。
 
ポイント自体は健在だが、今回は純粋な得点(スコア)
ステージクリア時の総合評価に影響する要素に改められている。

1 2 3 4次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。