体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サッポロビール『ヱビス 華みやび』リニューアル! これまでのヱビスシリーズとの違いを飲み比べてチェックした!

根強い人気を誇るサッポロビール『ヱビスビール』は、100年以上の歴史を持つビールの定番商品。そんなヱビスの歴史で初めて、上面酵母を採用した『ヱビス 華みやび』が発売されたのが昨春のこと。そして発売から1年、このほどリニューアルされて全国発売されたと聞き、さっそく入手。リニューアル前の「ヱビス 華みやび」「ヱビスビール」と飲み比べて、何が変わったのかチェックしてみた。はたして、新「ヱビス 華みやび」は美味しくなったのか?

深キョンをイメージキャラに起用し、若い女性にアピール!

ビールテイスト飲料やRTDなどは高アルコール路線が盛り上がっており、安くて早く酔える方向に進んでいる。これに対し、ビールは高級路線と女性をターゲットにした飲みやすく、本格志向に向けた商品を市場に投入しているようだ。

 

サッポロビール(東京都渋谷区)から販売されている「ヱビスビール」も、麦芽100%にこだわり続けて100年以上の歴史を持つプレミアムなビール飲料。近年はラインナップを拡充し、「ヱビス マイスター 匠の逸品」「琥珀ヱビス」「ヱビス プレミアム ブラック」など、異なる性格の商品を開発し、発売している。そして、中でも異質な性格を持つのが昨春に発売された『ヱビス 華みやび』だ。長いヱビスビースの歴史の中で初となるホワイトビール(白ビール※小麦を使用した明るい色のビール)で、上面酵母を採用したエールビールとして注目を集めた。

 

発売から1年が経ち、仕込み方法を見直して、さらに香りと味わいを引き出すことに成功した新『ヱビス 華みやび』(350ml缶/500ml缶・実勢価格 税込260円/税込335円・2018年2月20日発売)は、従来のエビスビールがターゲットにしている層とは異なる若い女性にアピールしている。それが端的に現れているのがテレビCMだろう。

深田恭子が実にかわいい。

 

かつてHIVに感染したJKを好演したドラマ「神様、もう少しだけ」で世の男性ファンをぐっと掴んだ“深キョン”も、年を経て若い女性の憧れの的というポジションになっている。このテレビCMでは、自然体の深キョンがリラックスした格好で「ヱビス 華みやび」を飲むという、OLなどの働く女性に訴求するイメージを演出している。

 

それでは、新しくなった「ヱビス 華みやび」は、これまでの同商品、そしてノーマルの「エビスビール」と、どう違うのか? 本当に美味しくなったのか? ビールをこよなく愛する記者の厳しいジャッジをクリアできるのか、いざ実飲!!

左から旧「ヱビス 華みやび」、新「ヱビス 華みやび」、「ヱビスビール」

まずは見た目の比較から。「ヱビスビール」がもっとも麦芽の色が濃く、次いで旧「ヱビス 華みやび」。リニューアルした新「ヱビス 華みやび」がもっとも薄くなっている。ただ、この麦芽の色の濃淡が、味にどのような影響を与えるのか判断することは難しい。あくまで「ああ、違うんだな」という感想が一般的じゃないかと思う。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。