体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[動画]グループの枠を越えたシャッフルユニットも!『アイ★チュウ ザ・ステージ2018』レポ

アイドル育成リズムゲーム『アイ★チュウ』を原作とした舞台『アイ★チュウ ザ・ステージ』(通称、アイステージ)が昨年夏に上演。そしてLIVE公演を経て、再び池袋サンシャイン劇場で2018年2月23日~3月1日の期間上演されました。公開ゲネプロの様子を動画とともに紹介します。

※すべての画像・動画が表示されない場合はOtajoからご覧ください
http://otajo.jp/71284

今回の『アイ★チュウ ザ・ステージ~Stairway to Étoile 2018~』は、前作とほぼ同じストーリーとなっており、新人アイドルコンテスト『輝け!サンシャインキラキラ新人アイドルコンテンスト』に出場し、優勝をかけてアイチュウたちがLIVEパフォーマンスで競い合うというもの。

新キャストは加わったものの、登場グループも前回同様のF∞F、Twinkle Bell、I・B、ArSら三期生と二期生の花房心の5組。

もちろん、コンテストは今回も予選・本戦とお客さんの投票&声援の大きさ(数値を計ります)で毎公演順位が決まるガチ対決となっています。

自由な双子やArSのわちゃわちゃも相変わらず。でも子規のアキヲの過保護感は少し増しているかも(笑)。

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。