体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

WANIMA、紅白出場の反響を明かす「地元の田舎町がお祭りに」

WANIMA、紅白出場の反響を明かす「地元の田舎町がお祭りに」
J-WAVEで放送中の番組「SAISON CARD TOKIO HOT 100」(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。2月25日(日)のオンエアでは、人気バンド・WANIMAが登場! ボーカル&ベース担当・KENTAさん、ギター担当・KO-SHINさん、ドラム担当・FUJIさんのメンバー全員が出演し、結成秘話を明かしました。

■結成のきっかけは文化祭だった

2017年紅白歌合戦に出演したWANIMA。反響について尋ねられたKENTAさんは、「僕とKO-SHINは、熊本県のすごい田舎町で生まれたんですよ。だからもう町がですね、お祭りみたいになって……よかったですね」と話しました。

WANIMAの結成についてクリスが質問。KENTAさんとKO-SHINさんは4歳からの幼なじみで、「文化祭に出たい」という思いで中学生のときにバンドを始めたそうです。

KENTA:KO-SHINは見た目が細いので「あ、ギターっぽいね」というので。僕は歌ったりするのが好きだったのでボーカルだけで。
クリス:へぇ。
KENTA:「フリーダム」ってバンドを組んでたんです。とにかく「小さい町から抜け出したい!」っていうので、組んでました。
クリス:他にはどんなメンバーがいたんですか?
KENTA:他は体の大きいドラムと、ベースっぽいベーシストと。でも、ベースが抜けたんで、僕がベースを弾いて歌うことになったんです。
クリス:へー、じゃあそれまではベースは弾いてなかったんですか。
KENTA:弾いてなかったんです。だからいまだにその名残で若干ベースは弾けないんですよね。
クリス:弾けないんですか(笑)。
FUJI:ライブ中ぜんぜん弾かないんです。両手挙げてるときありますからね。
クリス:あ、かっこいいじゃないですか。じゃあ「ビートはお前らが刻めよ」的な。
KO-SHIN:(笑)。
クリス:「お前らの頭の中で俺のベースは鳴ってるだろ」と。
KENTA:音楽はやっぱり感じるものなので。ベース弾きたい人がいれば、お客さんが勝手に弾いてくれと。そういうスタイルでやってますね。

■バンド名はメンバーの頭文字で、実は…

クリスが「バンド名はどうやって決まったんですか?」と訊くと、「シンプルに頭文字を取っただけ」という回答。KENTAさんとKO-SHINさんの苗字は、松本さんと西田さんだそうで、以前のドラムが“わ”の付く名前だったため、名字の頭文字を取り“ワ・ニ・マ”ということだそうです。そのため現在であれば、FUJIさんの本名は藤原さんであるため、“フ・ニ・マ”となるのですが、それだと東京では戦えないということで、バンド名は変えていないそう。また、“ふじわら”の“わ”を使ってギリギリOKということだそうです。

オンエアでは、ファーストアルバム「Everybody!!」から「シグナル」をお届けしました。次回3月4日(日)のオンエアでは、ゲストに宇多田ヒカルさんのプロデュースでこの春にデビューする大注目アーティスト・小袋成彬さん、結成15周年でニューアルバムが完成したスキマスイッチの2組が登場します。お聴き逃しなく!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SAISON CARD TOKIO HOT 100」
放送日時:毎週日曜13時−16時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tokiohot100/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。