体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

知らないと大変!上座と下座の覚え方|Pacomaマナー道場

知らないと大変!上座と下座の覚え方|Pacomaマナー道場

上座・下座が分からなくて困ってしまったことはありませんか? 目上の人やお客様をスムーズに席へご案内する為にも席次マナーはしっかり覚えておきましょう。基本の覚え方やさまざまな場所での上座・下座についてレクチャーします。

上座・下座とは

一般的なマナーとして、席次(席順)には、上座・下座があります。
これは日本独特の文化といえるもので、自分が座る場所によって目上の人やお客様に敬意やおもてなしの気持ちを表すのです。
上座とは、その場で一番心地よく安全に過ごせる場所のことです。下座はその逆で、お客様をお迎えする側、役職が下の人が座る場所となります。
上座・下座は部屋の中だけでなく、エレベーターや車中といった様々な場所で適用されます。
また、左右も序列がありますので、シチュエーションに応じた席次マナーを知っておきましょう。

 

上座・下座4つのルール

以下に、上座・下座を覚える上での基本ルールを解説します。
 

【ルール1】基本的には入り口から遠い奥の席が上座
部屋の中での席次(席順)では、基本的に入り口から最も遠い奥の席が上座となり、入り口側に近づくにつれて下座になります。しかし、部屋のレイアウトなどによって変わってくる場合もあります。
床の間がある和室では、床の間を真後ろにした席が上座、出入口に近い席が下座になります。
【ルール2】「左上位」のしきたり
「左上右下(さじょううげ)」といって、「左を上位、右を下位」とする「左上位」のしきたりが日本の伝統礼法とされています。
舞台などでも左側(客席から見て右側)が上手で、右側を下手と呼ぶことも左上位のしきたりに則っています。
国際儀礼のプロトコルや欧米では「右上位」なので、外国の方と接する場合は、誤解されないよう注意が必要です。

 

【ルール3】着席順のきまり
接客の場合は、お客様を上座へお勧めします。
会社の会議室などでは、議長や社長の役職順に上座から着席します。
その他の場合でも上司や年長者の順に上座から案内します。

 

【ルール4】入り口が2つある場合の上座
人の出入りが多く騒々しい出入り口から遠く、落ち着ける席を上座とします。

 

【場所別】上座・下座の覚え方〜ビジネス編〜

ビジネスの現場では、お客様や取引先の方、上司などに対して失礼のないように接することが大切です。
会議室や応接室などでの席次を覚えておきましょう。

 

会議室の場合

議長がいる場合、出入り口から最も遠い席が議長席となり、議長に近いほど上座となります。議長から見て右側の一番近い席が上座となり、続いて左側の一番近い席、その後は順に右、左と続いていきます。
議長から遠くなるにつれて下座となります。
会議室のタイプに応じた席順を図説しますので、参考にしましょう。

対面型会議室

コの字型会議室

 

タクシーに乗る場合

タクシーの車内では、運転席の後ろの席が上座となります。
下座は助手席で、行き先や道順を告げたり支払いを担当します。

1 2次のページ
Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy