体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本の証券市場の歴史を総まとめした『証券市場誕生!』 日本取引所グループに編纂の裏側を聞く(後編)

日本の証券市場の歴史を総まとめした『証券市場誕生!』 日本取引所グループに編纂の裏側を聞く(後編)

経済の象徴であり、景気不景気のバロメーターとして扱われる「株価」。

その「株価」が決まる日本の証券市場が一体どのような歴史を持っているのか、皆さんは知っていますか?

実は、世界最初の公設先物取引所は日本で誕生しました。

時は江戸時代。1730年、8代将軍徳川吉宗が大坂に堂島米会所を設立。それが世界初の公設先物取引所だったといいます。当時、堂島米会所は日本最大の米市場でしたが、現在の証券取引所が有する様々な制度と遜色ない制度を有していた取引所でもあったそう。

それから現代に至るまでの約290年の証券の歩みをまとめた『証券市場誕生!』(鹿島茂監修、集英社刊)は、まさに「証券市場の歴史」の決定版。

著者は東京証券取引所の親会社である株式会社日本取引所グループ。豊富な史料とともに、証券市場の紆余曲折を辿りながら、証券に詳しくなくても、近現代の経済の流れを学ぶことができる一冊です。

今回は本書の編纂にあたった金融リテラシーサポート部の石田慈宏さんにインタビュー。後半では江戸時代に現れた天才相場師のエピソードから、兜町という金融街、そして日本人の金融リテラシーについて語って頂きました。

前編「構想から完成まで1年半…壮絶な編纂の裏側」へ

(取材・文:新刊JP編集部)

■「相場は危ない」というイメージは江戸時代の天才経済人たちから生まれた?

――この本の編纂を通して気になった人物について田中平八の名前をあげていただきましたが、もう一人、気になった人がいらっしゃるということで教えていただけますか?

石田:江戸時代の相場師である本間宗久ですね。彼は日本最大の相場師といっても過言ではない人物だと思います。

――本書でも本間宗久とその甥の光丘について触れています。「二人の偉大な経済人」と評していますが、どんな人なのでしょうか。

石田:本間家は、今の山形県酒田市を中心とした庄内地方の地主でした。その中興の祖と言われているのが、本間光丘です。彼の手腕によって本間家は莫大な財産を持ち、それは藩主の財力を上回るほどだったといいます。

ただ、私は、彼ではなくその叔父にあたる宗久の方に注目しています。

宗久は米相場で財を成した人ですが、調べてみると、テクニカルチャートを発明した人という情報も出てきて、最初は「なるほど、テクニカル分析の元祖か」くらいにしか思っていなかったんですよ。

でも、私の大学院の先生が、宗久はテクニカルチャートとはまったく反対の、ファンダメンタル情報の分析や、今でいうところの行動経済学を非常に重要視していたという指摘をされていたんです。そして、調べるとまさにその通り。最先端の情報を仕入れ、米の価格が大坂と酒田が連動していることも知っていた。とにかく情報を大事にし、相場の価格の上下という分析に活用して、そこから利得を引き出そうとしていました。

ただ、宗久は甥の光丘とそりが合わず、酒田を離れて江戸に出ます。そこで再び米相場に乗り出すわけですが、失敗しているんです。江戸は規模が大き過ぎて、まったく違う世界があったからでしょう。故郷に戻った宗久は、お寺で座禅修行に努め、「投機家の心理」について考えるようになりました。

その後、再び米相場に身を投じ、堂島で大儲けします。彼は江戸での失敗から大衆心理や市場心理を学び、人の心理が相場の変動に大きく影響するということを行動に落とし込むわけです。だから、彼は含蓄深い語録をたくさん残していて、非常に興味深いんです。

――一般的なイメージとして、宗久はあまり良く思われていないところがありますよね。光丘は上杉鷹山の財政再建を支援するなど様々な功績が伝わっていますが。

石田:宗久は投機家だったんです。彼の代で地方の一大商家に過ぎなかった本間家の財産を10倍くらいにしました。ただ、彼の父親は投機的なことが嫌いで、堅実に信頼を育てて家を少しずつ大きくしていくタイプだったんですね。だから周囲からは宗久のしていることが不安視されていました。

光丘も宗久の父親のタイプです。だから光丘は本間家で神様と讃えられているわけですね。宗久にとって光丘の存在は不幸なことだったかもしれません。全くタイプの異なる天才的な経済人が2人、同じ時代にいた。しかもそれが叔父と甥だったというのはね。

おそらくですが、光丘のような堅実なタイプは信頼できて、宗久のような相場師は怪しいという価値観はその辺から始まったのかなと思います。それが今でもそれは残っているというのは興味深いですね。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy