体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

GoogleがIoTプラットフォームを獲得!5000万ドルで買収の「Xively」とは

Googleは、LogMeInからIoTプラットフォーム事業のXivelyを買収すると発表した。LogMeInによれば売却価格は5000万ドル(約53億4000万円)で、2014年に同社が1200万ドル(約12億8000万円)でXivelyを獲得したことを考えると、Googleが事業価値を高くとらえていることがわかるだろう。

Googleによれば、2020年にはインターネットにつながるIoTデバイスは200億個に到達すると推定されており、これらをGoogle Cloudに取り込むには同社の持つIoTプラットフォームをより強固なものにしていく必要がある。

Xivelyの買収によるシナジーとはどのようなものだろうか。

・IoT事業の開発サイクルを加速

Googleには現在、IoTプラットフォームとして、非公開ベータ版のCloud IoT Coreがある。Google Cloud Platform(GCP)に統合されている同サービスは、セキュアにIoTデバイスが管理できて、なんといってもGCPの持つ高度な分析ツールが活用できるのが特徴だ。

今回、Xivelyを獲得したことで、Xivelyの認定する多数のハードウェアパートナーを統合し、多様なIoTデバイスの接続を可能にする。

さらには、迅速なIoTシステム構築を売りとするXivelyのエキスパート人材を獲得し、開発サイクルを加速する狙いもあるだろう。

・IoT導入と運用の敷居を下げる

Xivelyは企業のIoT導入支援に力を入れており、情報提供やアプリの開発、運用自動化など総合的な支援をおこなっている。

また、同社のIoTプラットフォームは、ダッシュボードがわかりやすく細かいカスタマイズにも対応しているようだ。

ダッシュボード上で簡単に接続デバイスの管理がおこなえて、リアルタイムで取得データにもアクセスできるほか、無数のIoTデバイスのファームウェアのアップデートやラフサイクルの管理にも適している。

Xivelyの持つこうした技術やナレッジは、GoogleのIoTプラットフォーム市場での競争力を高めるものだろう。

参照元:Google Is Acquiring Xively’s Internet of Things Platform/Council
参照元:Google、Xivelyを買収する意向を発表/Google Cloud Blog
Xively

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。