体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

5歳から99歳まで楽しめるAlexa参加型のファミリーボードゲーム「When in Rome」が斬新!

AIアシスタントの活用法、この手があったか。なんとも斬新なファミリーボードゲーム「When in Rome」が登場した。

Amazon Alexaと一緒にトリビア問題を解きながら世界地図の上で駒を進めていくというもの。ルールの説明も、ゲーム進行も、そしてポイントの計算まで全てAlexaがやってくれる。

・Alexaが質問

ゲームそのものはシンプルだ。専用の世界地図ボードがあり、プレーヤーはそれぞれの都市でAlexaが出す質問に答えながら駒を進め、ゴールを目指す。

たとえば、シドニーに駒を進めると「オーストラリアではクリスマスは夏というのは本当?」といった質問が出され、正しく答えるとポイントがもらえる。最終的にゴール地点でポイントが多い人が勝利する。

・知的好奇心を満たせる?!

質問の内容は、その国の習慣や食べ物などをテーマとしていて、バラエティに富む。ゲームが終わる頃にはちょっとした物知りになるので、知的好奇心を満たしてくれそう。

開発元のおもちゃメーカーSensible Objectsは「5歳から99歳まで楽しめるゲーム」とうたう。幅広い年代で楽しめ、しかもスクリーンを見るのではなく、互いに向き合い、会話を楽しみながら遊べるのもいい。

Sensible Objectsは今後、Alexa活用ゲームをシリーズ展開してく考えで、まずは第一弾としてWhen in Romeを今夏にも29.95ドル(約3200円)で発売する見込み。

Sensible Objects

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。