体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

150点以上のイラストで彩られる童話調短編ノベル『マクナ=グラムラとフェアリー・ベル』リリース ほか ~今週のフリゲ・インディーゲームトピックス

本コーナーでは筆者や編集部がピックアップした、ここ1週間のフリーゲームやインディーゲームの話題を毎週土曜日にお届けします。今週の話題はノベルゲームの新作リリースなど5本です。

童話調短編ノベルゲーム『マクナ=グラムラとフェアリー・ベル』リリース
fairy-bell-1 fairy-bell-2 fairy-bell-3 fairy-bell-4

同人ゲームサークルALICE IN DISSONANCEは20日、童話調短編ノベルゲーム『マクナ=グラムラとフェアリー・ベル』をリリースした。SteamおよびDLsite.comにて配信されており、Steamでは27日まで10% OFFセールが実施されている。

同サークルのノベルゲーム『fault』に登場する童話をもとにしたというスピンオフ作品。孤児院で暮らす少女「マクナ」とその友達「セビア」が、「フェアリー・ベル」によって永久の幸せが約束された場所「エンレス・ランド」へと導かれることから物語が展開していく。プレイにあたり『fault』本編のキャラクターやあらすじの知識は不要となっており、本編のネタバレも含まれないため本作からプレイ可能。公称プレイ時間は約1時間半。

イラストは『fault』のイラストレーターである小夏はれ氏が手がけており、立ち絵を使わずストーリーに合わせた150点以上の描き下ろしイラストで構成される。3Dカメラやアニメーションを利用した演出も特徴。オリジナルのBGMも魅力で、サークルのBOOTHでのダウンロード販売およびSteamのDLCとしてサウンドトラックも配信されている。

8bit風RTS『TinyWar high-speed』Steam配信開始
tiny-war-high-speed

個人サークルるてんのお部屋は22日、8bit風RTS『TinyWar high-speed』のSteam配信を開始した。

建物を配置することで軍隊を生成したり敵の迎撃を行い、街を占拠してステージクリアを目指す作品。ファミコンで使用可能な色だけで描かれた8bit風ドットグラフィックや、マップの自動生成、9段階のスピードアップにより1ステージ5~10分ほどでクリアできる点などが特徴となっている。

初出はコミックマーケット93(初出時のタイトルは『TinyWar』)で、DLsite.com等でもダウンロード販売が行われている。これらについてもSteam版相当のバージョンへのアップデートが行われた。

1 2次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy