体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『3・6・5酒場渋谷本店』オープン記念で先着1000名限定に鉄鍋餃子1皿無料サービス実施中!

東京・渋谷に、なんと生ビール1杯190円と破格の居酒屋『3・6・5酒場』がオープンした。アツアツの鉄鍋餃子と毎日20食限定の鉄板焼きそばが自慢の大衆居酒屋で、コンセプトは「365日毎日行きたくなる」居酒屋だという。昭和レトロなイメージで、落ち着く雰囲気の「3・6・5酒場」に、さっそく突撃取材を敢行した!

 

まさに「毎日がエブリデイ」の大衆居酒屋なのだ!

東京・渋谷のタワーレコード手前にオープンした『3・6・5酒場渋谷本店』(渋谷区神南2-20-11 皆川ビル2F・営業時間 12:00~24:00(L.Oは23:20))は、株式会社コロワイドMD(横浜市西区)が新業態として展開する大衆居酒屋チェーン。店名の「3・6・5」は365日の意味で、毎日訪れたくなる大衆居酒屋を目指してネーミングされたという。

名物のアツアツ「鉄鍋餃子」は1人前(10個)450円から

「3・6・5酒場」の名物は、丸い鉄鍋に円状に敷き詰められたアツアツの「鉄鍋餃子」。カリッとした食感の皮に、キャベツやニラ、豚肉などを細かく刻んだ餡が包まれたジューシーな味わいの餃子だ。

もうひとつの名物「ぼっかけ焼きそば」は590円

名物は「鉄鍋餃子」だけではない。もうひとつの名物は「鉄板焼きそば」で、中でも「ぼっかけ焼きそば」は神戸のご当地焼きそばとして有名な“ぼっかけ”(牛スジとコンニャクの煮込み)をかけてある商品。牛スジの旨味とソースの味わいに加え、ネギの風味が麺に絡んで、思わず何度でも食べたくなる飽きのこない味だ。

生ビールは、なんと190円! 絶対に値上げしないという

鉄鍋餃子と鉄板焼そばという“両エース”を頼んだら、これはもうビールは欠かせない。なんと「3・6・5酒場」では、生ビールを1杯190円で飲めるというから驚きだ。これは確かに毎日でも訪れたくなる大衆居酒屋というのも頷ける。

 

そろそろアルコールも回ってきて、取材を忘れて「3・6・5酒場」の料理を楽しむことにしよう!

鶏のモモとムネ両方が楽しめる「あいもり唐揚げ」は290円(4個)から

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy