体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「BALLY」×「ジャニス・ウォン」のSUPRAコレクション

SUPRAコレクション
日本の春を象徴するものと言えば、やはり桜だろう。スイスのラグジュアリーブランド「BALLY」は、鮮やかなピンクで染める「桜」をモチーフに、ジャニス・ウォンとのコラボレーションコレクションを発売中だ。

SUPRAコレクション
シェフでありアーティストでもあるというジャニス・ウォンは、その二面性を活かして、エディブルアート(食べられるアート)という食とアートの融合をテーマに、五感で楽しめる新たなdessert体験を提案している。

「かつてないdessertとの巡り会い」を目指し、これまで味わったことのないような様々な味覚、食感、温度の組み合わせで既成概念を覆す新しい価値を作り出してきたジャニス・ウォン。2013・14年の2年連続でアジアNo.1パティシエに輝たほか、ラグジュアリーブランドとのコラボレーション(コレクション、ショーでのデザート制作など)の実績も多く、世界中から注目を集めている新進気鋭の女性シェフ・アーティストだ。

SUPRAコレクション
そのジェニス・ウォンが、日本を象徴する桜をスイーツで繊細に表現。さらに、その桜のプリントを施した“SUPRAコレクション”を発売している。


SUPRAコレクション

同コレクションは、ホワイト・ピンク・ネイビー3色の「トートバック」と、


ピンク・ネイビー2色の「財布」を展開する。

日本ならではの美しさにインスピレーションを受け、五感を刺激する体験へと導くジャニス・ウォン。そして、クラシックアイテムから色鮮やかで大胆なディテールを取り入れたモダンなアイテムまで幅広く展開する「BALLY」。見事なコラボレーションを実現した“SUPRAコレクション”は、バリーウィメンズショップ及びオンラインストアで購入可能。春の彩りを存分に満喫してみてはいかが。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy