体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アカデミー賞候補! トランスジェンダーの女性を描く注目映画『ナチュラルウーマン』

アカデミー賞候補! トランスジェンダーの女性を描く注目映画『ナチュラルウーマン』
J-WAVEでオンエア中の「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」(ナビゲーター:ジョン・カビラ)のワンコーナー「FEATURE FOCUS」。2月16日(金)オンエアでは、2月24日(土)より劇場公開となる映画『ナチュラルウーマン』で、トランスジェンダーの女性を演じた、ダニエラ・ヴェガさんにお話を伺いました。

ダニエラさんは1989年生まれの28歳。ご自身もトランスジェンダーの歌手です。女性としての意識が目覚めたのは6歳の頃。家族の支持も得られて、性転換を行ったのは14歳ぐらいときだそう。映画『ナチュラルウーマン』は、3月に発表となる第90回アカデミー賞の外国映画部門候補になっている話題作です。

映画の舞台は、チリのサンティアゴ。ウェイトレスをしながらナイトクラブで歌うトランスジェンダーのマリーナを、ダニエラさんが演じています。マリーナは男性の恋人、オルランドと暮らしていましたが、マリーナの誕生日を祝った夜、オルランドは突如息を引き取ってしまいます。謎の死に、一緒に夜を共にしたマリーナに疑いがかかります。

トランスジェンダーであるがゆえに、心無い差別や尋問を受け、愛した男性の葬儀に出させてもらえないだけでなくオーランドの家族から嫌がらせを受ける……数々の苦難がマリーナを襲います。

そんな理不尽な社会に、真っ向から向き合う女性を演じたダニエラさん。役作りにあたっては、自分でマリーナの人物像を作り上げたそうです。「芸術は無から作るもの」というご自身の考え方から、お手本にした人物はいないそう。

ダニエラ:役作りにあたり、「尊厳」「打たれ強さ」「反骨精神」という3つの柱を立てました。そのおかげで、オーランドの元妻や、彼の子どもからの差別的な態度にしても常に、尊厳をもって自分を信じて立ち向かっていくことができたんです。

ダニエラさんはさらに、映画を観る人に向けて、「共感の限界がどこにあるか、限界があるとすれば広げることができるのか。受け入れらないという感情はどこで生まれるのか、といったことを、一人一人が考えていただければ」と訴えかけました。

海外でも注目の高い同作。みなさんもぜひ、劇場に足を運んでみてください。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「-JK RADIO-TOKYO UNITED」
放送日時:金曜 6時−11時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。